エシレ

0
    パン 年末に丸の内に行ったとき、いつもは行列ができているエシレに行列がありませんでした。
    不思議だったので聞いてみると、どうやら売れ筋の商品が既に完売してしまったからとのこと。
    まだ昼前・・・
    10010801
    丸の内を闊歩なさる坊。

    じゃあお店に入ってみよう、と軽い気持ちで入ってみたら、店中に牛牛牛・・・

    かわいい!!

    店内がかわいくてもうめろめろでした。
    エシレのバッグがあるんですけど、それもすっごくかわいくて。
    元々保冷用バッグは便利そうでかわいいので、機会があれば欲しいなぁと思ってはいましたが、それ以上に普通のバッグがめちゃくちゃかわいい。
    バッグの内側にも牛の絵が書かれてあるんです。
    ぱっと見た目はロゴだけで素敵なバッグなんですけど、内側に牛がいるなんて!!
    と興奮しまくりだったのですが、ショップとかブランドのロゴのついたバッグ、持つのは苦手なので(驚くほど似合わない)、悩んだ結果あきらめました。
    あぁでもかわいかったなぁ。

    まぁ坊がいたら大きいサイズのバッグしか持てないんですけどね・・・


    さて、エシレ。

    せっかくなので、有塩の発酵バターだけ買ってきました。
    店内の商品はどれもおいしそうだけど、高いです。
    この発酵バターだって、普通のバターの4倍はしますよ・・・
    10010802

    でも発酵バターなんてスーパーでは普段買えないし、このくらいの贅沢は週末の朝を盛り上げてくれます。
    10010803
    自家製のかぼちゃパン+エシレバター
    ちなみに牛乳を入れるのはリッツェンホフのミルククラブ。
    数年前に友達に頂いた超お気に入りグラスです。

    あと保冷バッグ。
    10010804
    ちゃんと外側は布でできていて、マチもたっぷりなバッグ。
    ちなみに坊はこれにおもちゃを入れて歩いています。

    ショップにあったカードとリーフレットのようなものをいただいてきました。
    10010805
    これもたまらないくらい牛ですね。

    普段あんなに混んでたらなかなか店に入ろうとは思わないだけに、いいタイミングでした。

    しかしバッグはかわいかった・・・(あきらめの悪い)

    フリーズドライお味噌汁

    0
      食事 今日は区の赤ちゃん教室に行く予定だったけど、バスの時間に間に合わず・・・それでも行こうと用意していたら息子がグズって吐いてまた次のバスを逃してしまい。
      「どうか泣きやんで〜」という気持ちが焦りとなり息子に感付かれたに違いない。
      さっさとあきらめて、メガネとコンタクトを買いに行くことにしました。
      そしたらピタリと泣きやんでごきげん。
      また抱っこ紐に息子をセットし、歩いて駅の近くのお店まで。
      08061304
      メガネを作っていたら、最後の最後で息子が号泣して、お店の人に謝りたおして帰って来ました。


      さて、赤ちゃんがいて何気に困るのが、私の場合昼ごはん。
      食べるのは自分一人だし、残り物があればそれでいいんだけど、ない時は作って食べなければいけません。
      当然、といえば当然だけど、母乳のためにきちんとした食事をできれば一汁三菜(せめて2菜)で取りたいところ。けれど作って食べて片付けて・・・その間息子が号泣することもあるので、できるだけ「きちんとさっさと」終わらせるのが理想です。それがなかなか難しい・・・ちょっと目を離すと、「ふんっふんっ」(または「え〜んえ〜ん」)とふとんから飛び出していきます。
      08061303
      ごろんごろん

      そこで最近手を出してしまったのがフリーズドライのお味噌汁。
      ちょっと前にもらっていたお味噌汁があったので食べてみると、すごくおいしい。いろんな味があって楽しいし、何よりお湯を注ぐだけの簡単調理。
      残り物のお汁がないときはもっぱら食べていましたが、ついになくなりました。ネットで買えるだろう、と思い探してみると・・・ない。
      ネットで売っていないどころか商品の情報もない。
      そうなるとすごく気になります。もらいものだし、どこで売っているのかも謎。

      それが、これ。
      08061301
      千葉県野田市の豊年みそ本舗の旬菜椀。
      ちなみに今日のお味噌汁は「森のきの子とあした葉のお味噌汁」だそうです。

      こんな感じ。
      08061302
      健康によさそうな具の組み合わせがいい。

      『全国1万人のアンケートにより集計した「貴方の知っている長寿食」の食材を「みそ汁の具」にして、鰹だし、椎茸だし、昆布だしと3種のだしを合わせて・・・』と袋の裏に書かれてありました。
      このお味噌汁にピンと来た方は教えてください。
      一体どこで買えるんでしょう。


      明日は豊洲でお散歩&ショッピングです。
      息子に犬を見せてあげようと思います。

      アロマクラシコでランチ

      0
        ホットコーヒー 2月の3連休でうちの両親(父親はしょっちゅう東京にいるけど・・・)が東京に来ていたので、皆で品川のアロマクラシコにランチを食べに行きました。
        ここは2年前くらいに友達と行って、それ以来もう一度行きたいなぁと思っていたにも関わらず、行く機会がありませんでした。
        広尾の「アロマフレスカ」の原田シェフのお店です。

        今回はうちの父親が還暦を迎えたこともあり、お祝いを兼ねて・・・という大義名分のもとアロマクラシコに行ったのですが、要は私が行きたかっただけだったり。
        とにもかくにも、無事予約が取れたので11:30にお店へ。
        前菜、パスタ、魚or肉料理、デザート、コーヒーor紅茶(カプチーノもあった)がついているボリュームのあるランチです。(これ以外のパスタランチもあります。)
        それぞれ数種類のメニューから各自で好きなものを選べるので、まずメニューを選ぶのが楽しい&時間がかかります。

        まず、前菜。もとい、アンティパスト。
        08022901
        「いろいろな調理方法の季節野菜 菜園風サラダ仕立て」

        メニューの名前のとおり、お皿にはいろんな野菜にソースが添えられて、味も見た目もいろいろで食べるのが楽しい一皿。
        「この一皿で既に何品目取っただろう」と思いました。ヘルシー。
        08022902

        パスタは「イイダコと菜の花のスパゲッティ」、オイル風味です。
        08022903
        アロマクラシコでもう一度トマトソースが食べたいなぁと思っていたのですが、この日は残念ながらありませんでした。
        菜の花が店頭に出回っている時期に、是非一度家でもチャレンジしたいな、と無謀なことを考えました。さすがにレストランの味は再現できないだろうけど(当たり前)、きっとおいしいはず。

        そしてメインは「マグレ鴨の炭火焼 フォアグラ添え 赤ワインソース」。
        ここ最近ずっと食べたかったフォアグラ、それが付いているというだけで決めたメインでしたが、この一皿がすっごくおいしくて、幸せ。
        08022904

        マグレ鴨は周りが炭火でしっかりと香ばしく焼かれていて、中はレアで・・・また赤ワインソースが絶妙。
        08022905
        それにしてもマグレ鴨ってなんだろう、と調べてみたら、なんとフォアグラを取るために飼育した鴨のムネ肉でした。ということは、このメニューは親子丼のような、はらこ飯のような・・・でもこっちは内臓(フォアグラ)だし。
        でも道理で相性が抜群なわけですね。

        最後はデザート、もといドルチェ。
        ドルチェは4種類あったけど、「フレッシュ苺とマスカルポーネのココット」にしました。
        08022906
        運ばれてくるまで「どんなデザートだろう」と想像できなかったけど、なるほど、ティラミスの中に苺が入った、という感じのドルチェ。

        うちの父親は「オレンジの軽いコンポートとジェラート スプマンテのジュレ添え」をオーダーしていました。すごくおいしかったらしいです。
        08022907
        それにしても配っていただいたメニューをざっと見ただけで、知らない言葉がいくつかあるって・・・勉強が足りないな、と思いました。けど、そういう発見ができるのもまた楽しい。


        また行きたいね、と夫とは話していたけど、一体次はいついけるんだろう。

        ア・ラ・カンパーニュのプリン

        0
          ホットコーヒー 週末に新宿に行く用事があったので、帰りにア・ラ・カンパーニュでプリンを買って帰ろうと思いつきました。
          こちらのプリンはホーローのミニカップに数字がプリントされています。
          小田急本店のア・ラ・カンパーニュに行ってみると、「4」と「7」の数字のカップに入ったプリンしかなかったので、小田急ハルクの方の店舗にも行ってみると、「3」を発見。
          じゃあ「3」と「7」でいいや、と思ってその2つを買って帰りました。
          08021801

          これが数字がプリントされたカップ。
          08021802

          カップの後ろはお店の名前がプリントされています。
          08021803

          小さめのカップはクマにちょうどいい大きさ。
          08021804

          プリンというよりまったりと濃厚なクリーム。
          苦めなカラメルがすごく好みの味なプリン。

          ちなみに保冷剤もかわいい。
          08021805
          クレームブリュレも食べたかったけど、さすがにプリンとクレームブリュレって・・・と思いやめました。いつか食べよう。

          バナナジュース

          0
            ケーキ 昨日、パスタを茹でながら、テーブルのセッティングをしようと目をはなした隙に、コンロ近くに置いていた布巾が燃えていました。いつもの事と思っていても、災害はどこにでも潜んでいるんだなぁと改めて感じました。
            おかげで布巾が1枚天に召されました。
            気を付けないと・・・
            08021601
            パソコンの写真の整理をしていたら、こんなクマ家族の写真を発見。
            そうそう、白浜に行った時、ホテルにいたクマ家族。
            こういうクマ家族が人間世界で普通に生活している、っていう実写映画があればいいのに。すごくかわいいと思うけど・・・

            そんな感じで写真を見ていたら、記事にしてなかった写真が幾枚も出てきました。季節柄、もう記事にはアップしないだろう、っていうのがほとんどですが、バナナを大量に買ったときの写真があったので、今日はバナナ。


            以前、スーパーに買い物に行ったときに、バナナの房が売られているのが目に入りました。バナナ、滅多に買わないけど、そういえば最近買ってないなぁと近づいてみると、なんと1房98円!!
            普通スーパーの1房98円バナナって、5本程度ですが、これはなんと、数えてみたら、14本!
            食べるあても決まってないのに、バナナをつかんで買い物カゴに入れ、ミルクを買って帰りました。
            08021602

            家に帰って見てみると、バナナにはこれまであまり見たことがないシールが貼ってあります。
            08021603
            サルらしき動物のイラスト?

            バナナといえば、私は何でも好きだけど、とりあえずバナナジュース。
            08021604
            ミキサーにバナナ2本とミルクを入れて、スイッチオン。
            最後に氷を一掴み入れて、氷を砕いたら完成。
            この氷を砕くのを止めるタイミングが絶妙、と自負するわたし。
            ちなみに、本当はミルクと一緒にサイダーを入れるのが好きだけど、当時は糖分にやたら気を使っていたので(今はやめた・・・)、入れていません。

            バナナジュースのグラスにバナナに着いていたサルらしき動物のシールを貼ってみた。
            08021605

            さつまいもバウムクーヘンと共に。
            08021606

            この14本のバナナ、どうやって食べきろう〜と最初思っていたのに、結局全部バナナジュースに使ってしまいました。あ、食べたのもあったかな・・・。
            いろいろ混ぜるミックスジュースより、バナナ単品のジュースの方がおいしいと思うけど、それは人それぞれ。

            きのこたけのこ

            0
              きのこオレンジ 今、ものすごく愛おしいのが「たけのこの里」。
              箱で買うと全部食べつくしそうなので、小さい袋に入ったもの(ファミリーパック?)を買って、ちまちまと食べています。すっごいおいしい。
              甘い物は控えないとダメなんだけど、食べたくてしょうがないから、食べてしまう。
              このファミリーパックは「きのこの山」も入っているんだけど、それは夫にあげよう。
              08012801
              でも、たけのこを食べつくしたら、きのこにも手をのばすかも・・・

              クリームシチューにあわせるもの

              0
                食事 ランチにクリームシチューを作りました。
                ちょっと前に買ったル・クルーゼのお鍋を始めて使うのが目的です。
                今までより2回りくらい大きいル・クルーゼ。
                とにかくたくさん入るので、冷蔵庫にあった野菜をこれでもかと入れて煮込みました。
                07083001
                このお鍋は、今までみたどのル・クルーゼよりも激安でした。
                スーパーの○周年記念、とかで数量限定だったのですが、あまりの安さに「どうせいつか買うんだから、今買おう」と思って買ってしまったものです。
                普段は置く場所がないので、冷蔵庫の上に鎮座しています。

                さて、クリームシチュー。
                鶏肉ににんじん、じゃがいも、タマネギ、サツマイモ、カボチャ、小松菜、とうもろこし、しめじ、エリンギ・・・数々の野菜が入っています。
                07083002
                けどカボチャのせいで黄色くなりました。

                随分以前に、めざましテレビで「めざましどっち?」っていう2択のコーナーがあって、それで「シチューに合わせるならごはんとパンどっち?」っていう問題がありました。見ていた私は「こんなん聞くまでもなく、圧倒的にごはんやん」って思っていたのですが、結果はほとんどの人がパンでした・・・そんなバカな!と周りの人に聞いてみたら、やっぱり「パンやろ」「パンでしょ」「絶対パン」との答え。
                でも私の食のルーツ、トチコ(母)はごはんに違いない!と聞いてみたら「パンにきまっとる」・・・ものすごく世間に裏切られた気持ちになりました。
                シチューはごはんやろ!!!と今でも思っています。
                07083003
                ちなみに即答で「ごはん」と答えてくれたのは、うちの姉さんだけでした。
                ・・・へんてこ姉妹なのか?

                鳥ふじの親子丼

                0
                  食事 先日、猛暑の真っ只中に丸ビルに行く用事がありました。
                  時間はお昼少し前。じゃあ折角だからそのあたりでランチを食べようということになり、秘蔵の「ぺこぺこ手帖」を見ていたら、茅場町に行ってみたかった親子丼のお店があったのでそこにしました。

                  茅場町、親子丼、といえばご存知の方も多いかとは思いますが、「鳥ふじ」に行ってきました。着いたのは12時少し過ぎたころ。
                  もう満席かな〜と思いきや、すんなりとテーブル席に通されました。
                  その少しあと(12時半)くらいからまた混み始めたのでラッキーだったのかもしれません。

                  今年7月にオープンしたばかり、ということもあって、ピカピカのキッチン、落ち着いた清潔な店内でした。
                  07082401

                  親子丼には特上親子丼と(普通の)親子丼があって、特上の方は限定10食らしく、この日はすでに完売のようでした。なので、私たちは普通の親子丼(950円)を注文。
                  07082402
                  付き出しのつみれとお漬物と、あと鳥のスープが付いています。

                  親子丼!どんどん!!
                  07082403

                  どんどんどん!!!
                  07082404
                  西の生まれの私には少し甘いですが、でもすぐに気にならなくなりました。
                  いろんな部位のお肉が(きっと)入っていて、食感もいろいろ楽しめるし、ごはんが最後までずっとおいしかったです。家で親子丼を作ると、丼の下の方はダシがごはんにからんでいますけど、この親子丼は下の方でもちゃんと味の付いた卵がごはんにからんでいるんです。どうやって作ったらこんなに上手にできるんでしょうね〜。

                  三つ葉好きの私たちは「三つ葉がこの3倍の量でもよかったな〜」と親子丼のバランスをぶち壊す発言をしながら満たされて帰りました。

                  こちらは夜のコースもあるそうで、いつかそちらも食べてみたい・・・っていつのことやら。



                  ■鳥ふじ
                  中央区日本橋茅場町3−4−6 本橋ビル2階
                  03-3249-6118

                  はらぺこ魔の幻想

                  0
                    おにぎり 14時くらいからおなかがぺこぺこで困っています。
                    お昼に食べたおにぎりか、スイカにはらぺこ剤でも入っていたのではなかろうかというくらい、おなかがぺこぺこです。
                    クマの足はポサポサしているから、かろうじて食べ物には見えませんが、リラックマの耳はカレーパンにも見えます。
                    こんなことなら、非常食買っておけばよかった・・・。
                    うちにはおやつというおやつはありません。
                    冷凍庫にモコリンからもらったパンダケーキがありますが、解凍に2時間くらいかかるそうです。誰か〜!

                    そこで最近ごちそうになったおいしいものの夢を見ました。
                    07082001
                    ルミネのチーズケーキ・・・あのときはベイクドチーズケーキの方が好きなのにな〜なんて言ったけど、もし目の前にこのケーキが現れたら、今後の好物はスフレチーズケーキに変えてもかまわない。

                    京王プラザのしゃぶしゃぶのお肉
                    07082002
                    こっちこーい、こっちこーい

                    同じく野菜
                    07082003

                    千疋屋のフルーツパフェ
                    070820043
                    夢の一皿よカムバック・・・




                    むなしい。
                    誰か、助けて〜
                    だ・誰か〜〜〜

                    伊勢丹キッチンステージ

                    0
                      でんしゃ 伊勢丹のフードフロアが改装されてから、面白くて、新宿へ行くたびに足を運んでいます。
                      先週は危険なお昼時に伊勢丹へ行ってしまいました。
                      「あぁ、おなかすいた・・・」
                      ・・・と、いい香りがただよってきます。
                      香りにつられてふらふら歩いていくと、数人の行列がありました。
                      「伊勢丹のこんな場所にイートインコーナーってあったっけ?」
                      と行列の先を見てみると
                      『Kitchen Stage「アロマクラシコ」原田慎次シェフ』
                      と書いてありました。アロマクラシコなら以前友達と行ったことがあり、もう一度行きたいな〜と思いつつ実現していなかったレストラン。どうやら、そのシェフから提供されたレシピを元に料理実演をしているオープンスペースのようで、実演後はイートインスペースで味わうこともできるそうです。
                      私が行ったときは料理実演、というよりはオープンキッチンで食べる、という感じでしたが、食べたくて食べたくて・・・で、食べてきました。
                      07081401
                      入り口には野菜がおいてあります。

                      行列に並んでいる間に、今回のメニューのレシピが配られます。
                      とはいっても、肝心のパスタソースは「(シェフ特製の)市販のソース100グラム」という感じですが、それでもこのレシピを元に自分なりに作るのも楽しそう。

                      オープンキッチンでは間近でシェフ達の調理を見ることができます。
                      人が働いている姿は美しいものですね。
                      07081402

                      料理はワンプレートで、メインのパスタ2種類のうちから1種類を選ぶことができます。今回は2人で来ていたので、もちろん1種類ずつオーダーしました。
                      ちょっと今手元にレシピがないんで、肝心なメニューの名前がわからないんですが、明太子とヨーグルトのカッペリーニ、メインのパスタ(写真は美麗豚?とキノコのクリームソース)、新鮮野菜のバーニャカウダでした(あとパン)。
                      07081403
                      正直、行列に並んでいる時にレシピを見て、「明太子にヨーグルトって合うんか?」って思っていましたが、これがとてもよく合って、ヨーグルトが全然邪魔じゃない。冷やされたカッペリーニと共においしい。

                      こちらはもう1種類のメインのパスタ、あさりと魚介のトマトソース。
                      07081404
                      なかなかお目にかかれないくらい魚介が入っています。

                      野菜もちゃんと一個一個味が濃くておいしい。
                      07081405
                      ナスを生で初めて食べました。

                      ソースがあまりにもおいしいので勿体無くて、ついついパンをお代わりして全部きれいに食べました。
                      どうしてあんな数回の鍋ふりでパスタにソースがしっかりと絡むんでしょうね・・・しかもソースの味がしつこくないし。
                      今後もパスタの研究を続けていきます。

                      レジの横では例のパスタソースが2種と、こちらで使われているパスタが売られてありました。
                      07081406
                      このかごに入っているのがこのお店で使われたカッペリーニです。
                      うちのカッペリーニとはメーカーも値段も違うけど・・・
                      でも冷製トマトソースにしようと思っていたカッペリーニは、間違いなく明太子に変更されると思います。うまくできるといいな。

                      ちなみにKitchen Stageでのアロマクラシコは8/21までだそうです。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      THOMAS

                      .

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                      recommend

                      手紙
                      手紙 (JUGEMレビュー »)
                      東野 圭吾
                      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                      recommend

                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                      recommend

                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM