ねえさんち

0
    家 私の3歳上の姉さんは、来年家を建てます。
    姉さんは小さい頃からマンガを買うよりゲームをするより「私の部屋」とかなんかもっと少女向けのインテリア雑誌を読みふけっているくらい、インテリアや家が好きでした。
    そんな姉さんが建てる家なので、私は帰る度に見取り図を見せてもらったりしてわくわくしています。

    今姉さんが住んでいるのは、リフォームした昔の平屋です。
    そこもあと数ヶ月しか住まないし、今度帰るときは姉さんの新居が建ってからなので、今の家を見るのはこれが最後かも、と写真を撮ってきました。

    坊は先に姉さんの長男コウシンと、姉さんちにお邪魔しているようなので、私も二人にならって窓から入ろうと思います。
    09120801
    「ママーここですゅよ、わかりますゅか」

    窓から侵入して玄関へ。
    09120802
    なかなか年季のあるものが並びます。
    クリスマス風のオーナメントなんか、15年くらい昔に買ったような気もします。

    玄関下部。
    玄関に置かれた椅子の上にあるもの。
    09120803
    マフラー入れ、どんぐり入れ、マスク入れ、筆入れ?
    マスク入れにしているのは私からの北海道土産の缶です。

    キッチン。
    コップ入れはブリキのザルをずっと使っています。
    09120804
    姉さんは常にただ飾るのではなく、使うのです。
    私もそういうインテリアであるべきだと常々思っています。

    姉さんの戸棚。
    09120805
    いろいろ圧巻だとは思いますが・・・いろんな雑貨がひしめいています。
    奥にあるイラストたちが、私が毎年姉さんにあげる誕生日プレゼント目録。
    もう何枚もあります。

    キッチンの壁。
    09120806
    ここもじわじわと実は物が増えている場所。
    よくよく見ると、戸棚にも玄関にも壁にも、うちとおそろいのものが結構あるんです。なぜならお互いかわいいものはついつい2つとか3つ(モコリンの)とか買ってしまうからです。
    大きな絵はうちの今年の「暮しの手帖」カレンダーの表紙。
    絶対姉さんが好きだろうと思って、とっておきました。

    それではお風呂場へ。
    脱衣所のコンディショナー。
    09120807
    何が好きって、このガラスが大好きなんです。
    雪の結晶の柄のようなこのガラスを他の家で見つけても、ドキドキします。

    トイレの手洗い場の窓。
    09120808
    ここにもうちと同じ物がちらほら。

    トイレの中の手洗い場。
    09120809
    レトロですよね・・・って昔はこれが水を出し辛くて嫌いだったんですが。

    私があちこち写真を撮っているのを知ってか知らずか、姉さんはコウシンと外でバドミントンをしています。
    09120810
    坊は横で小石を拾って遊んでいます。

    コウシンは何故かブーツをはいてバドミントンをするほうがいいそうです。



    姉さんちは4月か5月にできるので、その頃また香川に帰ろうと思います。


    新築祝いをもう1年以上考えていますが、何にしようかな。

    姉さんからもらったもの

    0
      プレゼント 来月は友達主催の三十路パーティがあります。
      三十路なみんなで、70年代なファッションで、三十路を祝おうというものです。
      その記念品である手ぬぐいのデザインを頼まれていて、昨日ようやく終わりました。これで明日から和歌山へ羽ばたけます。
      いまブログのカウンターを見たら、あとちょっとで記念すべき1万カウントなのに、私は和歌山でのパンダ月間中のため、見られそうもありません・・・うっかり1万カウントを踏んづけた人は、「あ!」くらいに思ってください。


      さて、姉さんからもらったプレゼントをごく1部だけ紹介します。
      いつの頃からか、誕生日プレゼントが数で勝負!とばかりにこまごまと贈り合うようになったわたしたち。
      お弁当グッズから、洗濯ばさみから、雑貨からいろんな物を贈り合ってきました。
      今年のプレゼントは・・・
      07112101
      お子様ランチに乗っていそうな国旗セット。

      07112102
      ホーローのカップ。

      07112103
      なぞのペンケース。

      07112104
      あざらしかと思いきや、シロクマのオーナメント。

      07112105
      ブースカ2種。

      07112106
      クマの食べられないクマサイズのお菓子の箱。

      07112107
      クマの食べられない手作り(手芸の)ケーキ。

      ・・・でした。ごくごく一部です。
      なぞのウサギのペンケースはものすごく気に入っていて、使いたいような、使わない方がいいような、不思議な感覚。でも中にはペンが4本くらいしか入りません・・・。

      ブースカは以前私が買って、欲しいのが当たらなくて意気消沈したブースカの仲間です。
      私が欲しいのは警察ブースカだったのですが、箱を開けてみると警察ブースカ!!でも白黒・・・惜しい。
      片方はカラーのブースカ!!だけど、足元が消えている「ナイナイのパ」ブースカです。重ね重ね惜しい。どうせなら「シオシオのパ〜」ブースカを作ればいいのに・・・。
      でもこの後、更なるブースカを姉さんが送ってきてくれたのでした。
      その模様はまた後日。
      今うちのTVの上はブースカ天国(夫にとっては地獄?)です。

      明日からの和歌山へは、例の松屋事件があったので、うちのポサったクマは家に置いていきます。だから、食べられないお菓子を見て、クマは一層切なくなることでしょう。。。


      それでは今からのそのそと旅行の準備を始めます。

      モコリンからもらったもの

      0
        プレゼント 今日は寒かったですね。こんな日にワンピースとハイソックスだけで出かけて行ったバカ野郎な私は、出先でスパッツを買うハメになりました。寒さを侮るのはやめましょう。

        さっき、家に帰ってきたのですが、駅からの帰り道、小学校低学年らしき男の子に声をかけられました。こんな暗い道をこんな小さい子が1人で・・・と思いつつ話しながら帰っていると、おもむろに「あっちむいてほい」を始められ、負ける度に200ポイントを減点されるらしいルールの中、1200ポイントをとられたまま、T字路でバイバイしてきました。少年よ、また会おう。

        さて、誕生日をずいぶん過ぎてもまだまだ誕生日プレゼントにもらったものを紹介しきれていないわたし。今日は兄(にぃ)のお嫁さんのモコリンにもらったものを少しだけ紹介します。

        パンダの器セットとパンダの箸置き。
        07111901
        小鉢サイズのパンダと桃の絵のついた器とスプーンのセット。杏仁豆腐を入れたくなるチャイナな器。
        箸置きのパンダは3匹いました。

        靴底用の中敷。
        07111902
        トナカイ柄でちゃんとクッションもついています。
        うちの一足の靴の靴底が薄くなってきて、履くと痛かったのを察知していたかのようなナイスセレクト!さっそく敷いて使ってみます。

        キャス・キッドストンのミニバッグ。
        07111903
        この柄、この夏くらいに初めてお店で見て、すっごく欲しいなぁと思っていたのをモコリンがまた察知してくれたのか、プレゼントしてくれました。
        犬の柄と落ち着いた色が非常にかわいいです。

        他にもかわいいものをたくさんもらって、本当にありがとう!もこりん。


        余談ですが、落としたSuicaは結局見つかりませんでした。
        さようなら、私の1000円ちょっと。
        皆さん、Suica等を拾ったら、駅員さんもしくは警察に届けましょう。

        まぁちゃんとレースを買いに

        0
          鳥 香川へ帰った時は必ず姉さんと行く場所があります。
          そこはおばあちゃんが営む小さな手芸屋さん。手芸屋さんと言っても生地なんかは売っていませんが、ボタンやレースなどがたくさんおいてあります。
          もう何年も同じ店構えなのに、行く度にかわいいものを発見してしまうのは、お店に埋もれていたからか、それとも私の好みが変わっていくからか・・・とにかく宝探しをしているような気分になる手芸屋さんです。

          今回は姪っ子まぁちゃんのかばんにつけるリボンを買いに行きました。
          もちろん、まぁちゃんも一緒。

          まぁちゃん刺繍糸やファスナーなどカラフルなものに目を奪われています。
          07032901 07032902

          姉さん「あれ〜前に買ったレースがない〜。」
          07032903
          いろんな種類のレースがそれこそ所狭しと置いてあるので、目当てのレースを探すのは至難の業です。とはいえ、こうやって、探しているうちに別の掘り出し物が見つかるのがまた楽しい。
          「あ、姉さん、これちゃう〜!?」
          姉さん「ほんまや!これも1m下さい。」
          どうやら姉さんのお買い物は無事終わったようです。

          そのあと、姉さんが野菜を買うと言うので、近くのスーパーに。
          ここでは新鮮で安い野菜だけでなく、新鮮な地元の魚もあって、まるでミニ市場のようです。
          07032904
          100円のボラを見つめるまぁちゃん

          「安いなぁ〜買って帰りたいわ〜(東京に)」
          まぁちゃん「くいちゃん、この玉ねぎも100円で〜安いなぁ」
          「・・・。」
          ・・・主婦心得のある6歳です。

          まぁちゃんの写真を撮っていたら、まぁちゃんも写真を撮りたいというので、カメラを貸してあげました。
          まぁちゃんの撮ったもの↓
          07032905 07032906
          大量の牡蠣と、お寿司。これらのどこに惹かれて撮ったのか、謎です。
          きっとまぁちゃんの中の何かに訴えかけるものがあったのでしょう・・・。

          今日のお買い物。
          07032907
          レース3種。一番右のレースはまぁちゃんのかばんにつけたレースとお揃いです。

          モコリンからのお見舞い

          0
            プレゼント にぃ(兄)のお嫁さんであるモコリンから、お見舞いの品が届きました。お見舞い、というのはちょっと前まで私が病気で寝込んでいたからです。モコリンはときおり、こうやってお菓子やら、食玩やらを差し入れてくれるのです。私はすっかり元気になっていたけど、お見舞いありがとう!

            ■ガスパールの小物入れ
            07022801
            ガスパールがこいぬにたかられています。
            何があったのでしょう・・・まるで「ガリバーの冒険」のよう。

            07022802
            あ!たかられているだけでなく、マフラーもひっぱられています!
            ガスパール、こいぬにやられたい放題。

            小さい小物入れなので、いつもはクマのポーチに入れていた結婚指輪を外した時に(家にいる時、という意味)、入れて置こうと思います。

            ■食玩・メガハウス「ポップンツールときめきキッチン・ぎっしりアップルセット」
            モコリンは最近食玩が気になっているらしく、香川に帰る度に、ちょっとずつかわいらしいミニチュアが増えています。そして、それは甥っ子悠ちゃんの手と目の届かないところに置かれています。モコリンの密かな楽しみなのでしょう。そんな食玩が我が家にも送られて来ました。
            07022803
            全体図。ボンヌママンのような箱があります!私はチョコタルトが好みですが、やっぱり「ぎっしりアップルセット」だけに、りんごが描かれています。

            そして、なんと、ハウス型のかばん(?)はちゃんと開くようになっているのです!すごいな、食玩!!
            07022804
            りんごの入れ物だって、ちゃんと開きます。
            サザエさんのタラちゃんが入っていそうな入れ物(タラちゃんだったっけ?)。

            ココアも小さいのに、ちゃんと「どこかで見たことがある」ココアの柄になっています。
            07022805
            高さ、ほんの1.5センチ程度なのに!

            う〜ん、噂には聞いていたけど最近の食玩って本当にいい作りなんだなぁ〜と感心しつつ、わくわくしつつ、次の食玩へ・・・

            ■食玩・メガハウス「和うさぎの甘味屋さん・特製お弁当セット」
            心惹かれずにはいられない、うさぎ型。これが至るところにちりばめられています。
            07022806
            予想メニュー
            ・食前酒うさぎのグラス入り
            ・鮭の塩焼き・大根おろしを添えて
            ・うさコロッケ
            ・煮物・うさぎのニンジン添え
            ・うさぎ型まめごはん
            ちゃんとうさぎのランチョンマットや、うさぎの調味料入れ、うさぎのお箸置きもついています。
            うさぎ型のニンジンにノックアウト!

            07022807
            うさぎ型のお箸置き。8ミリくらいしかないのに、ちゃんとうさぎになってる!

            折角なので、うさぎのお弁当サイズのぬいぐるみと合わせてみました。
            リカちゃんとかあればちょうどいいのでしょうが、うちにはいないので、パリの空港で買ったクマにおもてなし。
            07022809
            かわいくて食べられないのか、箸がとまっています。

            このうさぎのお弁当は実物が作れそうです。うさぎのコロッケさえ、悲しい結果にならないように気を付ければ。
            こんなかわいい食玩セット、どこの誰がデザインしているのでしょうね。
            デザインノートを垣間見たいものです。

            ■なつかしいべっこうあめ
            07022808
            うさぎ型とぞう型のべっこうあめも一緒に入っていました。
            懐かしいな〜とどんどん溶けていくうさぎを眺めながらいただきました。
            他にも、星型のきらきらたわしが入っていました。

            たくさんときめくものをありがとう☆

            まぁちゃんと遊ぶ(シルバニア)

            0
              子供 前回「まぁちゃんと遊ぶ」で遊んだまぁちゃん。今回短い帰郷でしたが、またまぁちゃんと遊ぶためにまぁちゃん宅へ。

              「あら〜まぁちゃん!」
              まぁちゃん「くいちゃん見て〜」
              「あ!前歯がない!」
              まぁちゃん「えへへへへ〜」
              前歯が生え変わりのため抜けたようです。

              姉さん家ではひなまつりの準備をしていました。
              07022001
              昔、ひなかざりの段にバービーちゃんやぬいぐるみを勝手に置いたりしていたなぁ・・・。

              「うわぁ、まぁちゃん、これかわいいなぁ!」
              視界に入ってきたのはシルバニアファミリー
              もちろん、かつては私と姉さんも一緒に遊んだことがあります。
              まぁちゃん家にはこのシルバニアの「森のお医者さん」セットがあったのです。

              「薬棚かわいい〜!松葉杖もあるやんか〜」
              テンションあがりまくりです。
              07022003
              クイ作「医者の不養生」

              折角なので、姉さんとまぁちゃんと一緒に並べてみることにしました。
              あれこれ並べ始めると、なぜか私の並べるお医者さんグッズは部屋の外に運び出されます・・・
              「・・・姉さん、これって病院でなくて部屋ちゃうん?」
              姉さん「このベッドカバーかわいいやろう〜」
              「・・・。」
              07022002
              姉さん&まぁちゃん作「うさこちゃんのお部屋」
              ・・・クマのお医者さんがただの不審者です。

              こうしてきゃあきゃあ楽しんでたら、まぁちゃんの弟だって一緒に遊びたくなるのは当然。大好きなくるま持参で遊びに来ました。

              07022004
              クマのお医者さん「な・なんだキミは!違うんだ!不審者じゃないんだ!わ〜」

              07022005
              うさこちゃん「た・たすけて〜!」
              こうさこちゃん「お・おかあさ〜ん!」

              07022006
              「ふんふん♪」

              07022007
              後に残されたのは、駐車場と化した驚愕の現場だけ・・・。

              次はみんなで遊べるものにしようね・・・。

              姉さんち(2)

              0
                鳥 前回『ねえさんち(1)』では姉さんの食器棚をご紹介しましたが、今回はその他をまたもや勝手にご紹介したいと思います。

                姉さんのティッシュ箱入れ。
                06120801
                3年前の誕生日にあげたパンダで、モコリンは同じシリーズのゾウを持っています。今もなお現役のようです。

                まぁちゃんのおままごとのお供のリサとガスパールのぬいぐるみが乳母車に乗っています。
                06120802
                モコリンからもらったというガスパールがでかい・・・。

                姉さんちは昔の家をリフォームした家。備え付けの棚やガラス戸などそのままのところも。そしてその棚のガラス戸をはずして、飾り棚にしたりしています。
                この棚のテーマは「のはら」だそう。
                パリでまぁちゃんに買ってきたうさぎのぬいぐるみがこんなとこに!
                後ろの額は伊藤尚美さんのファブリックを入れているそうです。このファブリックと額がきっと「のはら」なんでしょう。
                06120803
                もこもこした感じとぴんくの鼻が気に入ったうさぎ。我が家には同じ種類のひつじがいます。そっちももこもこ。

                生地をかぶせて、ヨット柄レースをつけたホワイトボード。
                そうする前はお買い物メモを書いてありましたが、今では専らハガキなどを飾るスペースになっているようです。
                06120804

                壁面の棚はまたもや母親作。設計なのか、設計ミスなのか、ワイルドに隙間が開いていますが、後ろの壁がちょっと濃い目の色なので、それが覗いていいアクセントになっています。うん、これはきっと狙ったに違いない、ことにしておこう・・・。
                06120805

                姉さんのお気に入り、あだちなみさん絵の絵本が飾られています。
                06120806

                以前ブログに書いたカゴメの容器がここに飾られています。空き容器なのにこんな一等地に飾られるなんて、幸せものですね。
                06120807
                ちなみに中には何もはいっていません。容器を空で飾ると運気が逃げていくらしいと聞いた姉さんは、空の容器を飾る時はふたをするそうです。これにもやっぱりドイリーのふたが!
                そういえば、以前私の部屋の花瓶の花が枯れていた時、「死んだ花を花瓶にいれとったらいかんで!」と姉さんに言われたのを思い出しました。

                クリスマスカラーの中段。このサンタクロースのウッドピンチはドイツ土産。
                サンタさんがクリスマス用のおもちゃを作っているところです。
                06120808
                右端に移っているのはトミカのガシャポンで出てきたロンドンバスだそうです。国際色豊かです。

                ミニ額に入っているのはパンダのアップリケ。アップリケだから、絵や写真と違ってちょっと質感があって、かわいい。
                06120809
                その下にいるのは有馬温泉で買ったひつじの親子。

                写真をこれくらいしか撮っていないので、たくさんはご紹介できませんでしたが、また姉さんから「カイ通信」が来たら、ご紹介したいと思います。

                姉さんち(1)

                0
                  鳥 このブログに度々登場する姉さん、今日はその姉さんの家を少しご紹介したいと思います。この前帰郷した際に、姉さんにたいした断りもなく勝手に写真をぱしゃぱしゃと撮ってきたので、以下の写真は姉さんの生活そのものの写真です。

                  ■キッチン棚
                  このキッチン棚は姉さんの設計図を素に母親がDIYで作ったものです。
                  私と母親は一緒に日曜大工教室に通っていたのです。
                  実家に帰る度に増えていく手作りの家具類、そのうち家が建ってそうな勢いです。
                  06120601
                  姉さんは二人の子持ち。否応なく物が増えて行きますが、空きびんにきちんと収納しているようです。そういえば、姉さんの部屋が汚いのを見たことがありません・・・。

                  一番上の棚板にはスケールやらお弁当グッズを入れたボンヌママンのビンがあります。ピンクのラップは私からのスイス土産。
                  06120602
                  金色のふたのビンはパスタソースの入っていたビンだそうです。私にも以前一個おすそ分けしてくれました。今は中に麦茶パックが入っている模様。
                  この一手間が家事をより楽しくしてくれるんですよね。

                  ■食器棚
                  姉さんちの食器棚は姉さんが結婚した時に買った無印良品のもの。時を経て、少しずつパイン材の色が変わってきているようです。
                  ガラス扉付きの食器棚が二つ並んでいます。片方は日常食器が、片方にはとっておきの食器たちを収納しています。
                  06120603
                  とっておき食器棚の方、下段の奥にある絵は、私が姉さんの誕生日に送る雑貨たちを書いたもの。紙は手すきした高知県伊野の和紙です。姉さんへのプレゼントは毎年日常品からくだらないものから、大好きな雑貨屋のものなど、多種多様。姉さんからもらうものもしかり。
                  今年のプレゼントの1つ、ぞうのお財布の絵。
                  06120608
                  添えられている言葉は
                  「へそくりサイフ:これにへそくりをためていつかヨーロッパに行こうな」
                  本当にいつか行けたらいいなぁ。

                  右にあるのはリサイクルガラスのびんだそうです。
                  左は愛媛県砥部で絵付けした小鉢。底にはクマの絵が!
                  06120604
                  棚につけられたレースはバンビの絵柄

                  少しづつ買い揃えられたティーカップ。左はアフタヌーンティーのもので右の水色のティーカップは私の密かなお気に入りだったのですが、なんとミスタードーナツの景品だったそうです!てっきりアンティークのパイレックスかファイヤーキングかと思っていました・・・。姉さんが北海道に行ったときにもらったという景品だそうで、気になって調べてみたら、ありました!1999年9月17日から1ヶ月間あったオパールブルーコレクション、だそうです。
                  06120605

                  同じくティーカップ。これはカレルチャペックのもので姉さんの一番のお気に入り。カレルチャペックでは今とってもかわいいティーポットも売っているので、きっと姉さんは欲しがっているに違いない・・・。
                  06120606
                  隣の木箱はオルゴール。

                  棚の右下。我が家の耳の折れた木馬の相方がここにいます。
                  姉さんは大のドールハウス好きでもあります。今は子供が小さくて断念しているけれど、いつか姉さんがドールハウスを作る時はこの木馬を子供部屋に置いて欲しいなぁ。
                  06120607

                  姉さんは私が姉さんちを訪れると、これらのおとっときのティーカップで紅茶やカフェオレを入れてくれます。ちなみに私がこっそり気に入っている水色のティーカップではまだお茶を飲んだことがないので、次の帰郷ではお願いしてみよう〜。
                  一気に集めたり買ったりするのではなく、気に入ったものを少しずつ増やしていくのが姉さんのスタイルのようです。そうするとテイストがバラバラになりがちですが、姉さんは趣味趣向が長年一貫しているので、どの食器や雑貨達も馴染んでいるから不思議。
                  我が家にも姉さんとお揃いのものがとってもたくさんありますが、お互い全然違う飾り方や使い方をしていたり、そうかと思えば全く同じ使い方をしていたり・・・。

                  まぁちゃんと遊ぶのに熱中しすぎたため、あまり写真が撮れなかったのが残念ですが、不意打ちの姉さんち(キッチン)でした。

                  まぁちゃんと遊ぶ

                  0
                    子供 先日、親族の結婚式があったので郷里に帰っていました。
                    郷里では結婚式に参列するのはもちろん、友達に会ったり、お墓参りに行ったりしましたが、今回は1日、姪っ子まぁちゃんや甥っ子達とゆっくり過ごす時間を持てることができました。

                    まぁちゃんは姉さんの子供で、はや6歳。弟がいることもあり、会う度にずいぶんとお姉さんらしくなります。
                    06120401
                    結婚式に参列するまぁちゃん。パンダのバッグとストラップシューズがかわいくて、何枚も写真を撮る親ばかならぬ叔母ばか。
                    まぁちゃんがだいぶかぶっているけど、向こうにいるのが甥っ子。

                    結婚式のあった日は他にも用事があったので、
                    「まぁちゃん、明日は朝から遊ぼうな!クイちゃん朝寝坊してたら起こしてな」と約束していました。

                    次の日・・・2階で寝ている私の耳に地響きのような『ドドドド・・・』という音が!何事!?と思う間もなく部屋の扉が開けられ、まぁちゃんと甥っ子の悠ちゃんが入って(飛び込んで?)きました。

                    まぁちゃん「クイちゃん朝で〜っ!!!」
                    まぁちゃん「あんな、図書館行くけん、はよ起きてな!!」
                    「ええ〜今起きたばっかりやのに・・・」

                    半分眠った頭で、姉さんとモコリンと子供たちと一緒に図書館へ。
                    図書館の前の林はどんぐりの最盛期!
                    本を借りに来たことも忘れてどんぐり拾いにしばし熱中する子供たち・・・。
                    普段なかなか味わえないのんびりした時間が過ぎていきます。
                    「もう図書館行こう〜寒いわ〜」寒さを感じる大人たち・・・。
                    図書館で本を借り、家族でごはんを食べ、お約束のまぁちゃんと遊ぶ時間がやってきました。

                    「まぁちゃん何して遊ぶ〜?」
                    まぁちゃん「お人形さんで遊ぶんで〜」
                    まぁちゃんのお人形さん箱にはリカちゃんやそのお友達、そしてお洋服や靴などが入っていました。

                    「あれ、これママ(姉さん)とクイちゃんのや!」
                    帽子やめがね、靴やかばんなど昔私たちが同じように遊んでいた頃の物でした。なんと親子2代で同じおもちゃで遊んでいるようです。さすがリカちゃん!
                    私たちが幼い頃は、人形の洋服を買ってもらうのは特別な日だけで、母親が作ってくれたり、自分で作ったりして遊んだものです。そんな不器用ながらに作った服も残っているので、またリカちゃんの服を作ってみたい衝動に駆られました。

                    まぁちゃん「はいこれクイちゃんの人形な!」
                    リカちゃんを手渡されました。
                    手渡されたリカちゃんを、まぁちゃんのリカちゃんの方へ近づけて、
                    「こんにちは〜今日は風が強いですねぇ」
                    会話がなんかつまらない大人・・・。
                    06120402
                    まぁちゃんの手持ちの小道具と洋服を使ってみました。
                    タイトル:常夏赤ずきんちゃんとペットの羊

                    まぁちゃん「クイちゃんレストランごっこしよ〜」
                    まぁちゃんが、バッグに入ったリカちゃん用クッキンググッズをどちゃ〜っと出してくれました。このバッグも姉さんと私が同じようにクッキンググッズを入れていた物で、20年近く経った今ではある意味骨董品です。中のお皿やお料理たちも、昔遊んだ時のまま。

                    まぁちゃん「クイちゃんも並べて〜こっちがお皿で、こっちがお鍋で、こっちがごはんな〜」
                    まぁちゃんなりのビジョンがあるようです。
                    06120403
                    リカちゃんもお色直し。ちなみにずっと帽子をかぶっているのは、リカちゃんの前髪がハネているからです。

                    骨董カンとは別の箱に、まぁちゃんの集めたクッキンググッズが入っていました。みんな食玩だそうです。
                    今とても精巧になっている食玩、いろんなかわいいものがあるのに、クッキンググッズを集めるあたりがさすが姉さんの娘!!

                    バスケットに入ったクロワッサン。
                    06120404

                    いちごのパックとオムライスと木琴(?)とカトラリーと栓抜き。
                    06120405
                    カトラリーと栓抜きがクマの形になってて、か・かわいい〜〜!!

                    デジカメでぱしゃぱしゃ撮っていたら、まぁちゃんも撮りたいと言うのでデジカメを渡しました。
                    パシャ、
                    パシャパシャ、
                    パシャパシャパシャパシャ
                    「まぁちゃん何枚撮るん〜!?」
                    まぁちゃん「アハハハハ〜」
                    撮った写真はぶれぶれのまぁちゃんの弟や、私や、リカちゃん。

                    まぁちゃん撮影。窓からの風景を撮ったのでしょうが、思い切り窓にまぁちゃんが反射しています・・・
                    06120406
                    お人形遊びがどうやらちょっと飽きてきたようなので、片付けて次はお絵かきへ・・・

                    まぁちゃん「クイちゃんがマネして描いてな!」
                    どうやら、まぁちゃんの描くのと同じように描けばいいそうです。
                    まぁちゃん「ここが三角の屋根で〜色はみどりな〜ここにお鍋かいて〜」
                    「そしたらクイちゃんは赤い屋根にするわ〜」
                    まぁちゃん「いかん!!同じように描くんで!」
                    既にしっかりと芽生えているまぁちゃんのこだわりに、姪っ子の成長を感じる私でした。
                    06120407
                    食べているのは姉さんからの差し入れ、パピコ

                    次に私の描くのをまぁちゃんにマネしてもらいました。
                    タイトル:私とポサクマ
                    06120409
                    メガネを描くのも、メガネとしてとらえて描くのではなく、丸と棒、面と線として描きます。そうか〜メガネも面と線で出来てるもんなぁ。既に凝り固まってしまっている私の「物ってこういうもの」という感覚が解きほぐされていきます。

                    最後に、図書館で借りた本から、ディック・ブルーナさんの犬を描きました。
                    06120408
                    まぁちゃん、さっきまであれほど色使いにこだわっていたのに、見本の犬の色彩と違います。これではまるで昔の飼い犬のペペの配色・・・。
                    巨匠ディック・ブルーナさんにもとらわれないオリジナリティなのでしょうか、これもまたまぁちゃんのこだわり、なんでしょうね。

                    まぁちゃんのおかげで童心に帰る、まではいかなくても、無意識のうちに出来上がっていた常識を壊す楽しさを知ることができました。
                    まぁちゃんも来年から小学校。もっともっとたくさんのことを吸収していって成長するんだろうなぁ、と今から楽しみです。

                    カイ通信(1)*お菓子のパッケージ*

                    0
                      鳥 カイ姉さんから、ときおり写真ファイルがメールで届きます。それは姉さんの日々を綴ったもので、姉さん版ぽさぽさライフのようです。今日はその姉さん版ぽさぽさライフから、姉さんが見つけたかわいいお菓子パッケージをご紹介いたします。

                      ■KAGOMEおやつの野菜 やわらかゼリーもも味
                      06092601
                      赤と緑のクマの親子がなんかヨーロッパのスーパーで売っているお菓子みたいでかわいいです。赤色はカゴメ(ケチャップ)色?緑は、やさい色かな?
                      ・・・クマの親子・・・?よく見たらなんか鼻がとがっています。これはもしや、サイ!?
                      やさいだから、サイ?こういう日本ながらの言葉遊びってやられますね・・・。
                      食べた後は洗って飾ってある姉さん、何を入れているか気になります。
                      多分まぁちゃん(長女)の髪飾りかなぁ?
                      私も近くのスーパーで探しましたが、見つかりませんでした。

                      ■宮城製粉株式会社 うさぎの寒天くずもち
                      06092602
                      うさぎも言っています「もちもちっとおいしいよ」。
                      そしてさらに一言「きな粉と黒みつの両思い」。
                      もちもち、両思い・・・心がくすぐられる組み合わせです!
                      そしてこのピンク。乙女デザート間違いなしですね。

                      06092603
                      サイトを見てみたら、「中のシロップは捨ててお召し上がりください」との事。姉さんはちゃんと捨てて食べたかな・・・

                      このシリーズは他にもパンダの豆乳杏仁、カバさん豆寒天、くまさんあんみつがあるようです。どれも気になる!

                      私はアイスクリームが大好きで、お店に行ってもコンビニに行っても、アイスクリーム以外にあまり興味を示さないので、姉さんからのお菓子のパッケージ通信はとても新鮮!
                      しかも姉さんはかわいい物をみつける目を持っていて、私が何も気に留めなかったものでも「これここがかわいいなぁ」と楽しそうに言ってくれるので、見落とさずに済むのです。ありがとう、姉さん!
                      また姉さん版ぽさぽさライフからカイ通信をお届けしたいと思います。


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      THOMAS

                      .

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                      recommend

                      手紙
                      手紙 (JUGEMレビュー »)
                      東野 圭吾
                      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                      recommend

                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                      recommend

                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM