アドベンチャーワールド2日目

0
    犬 南紀白浜旅行も最終日。
    5時に目覚めて、温泉に入って、昼ごはんにするおむすびを買おうとコンビニまで一人散歩しました。
    また波打ち際を歩いて、コンビニまで。
    朝の空気が清々しい。
    10061001
    ホテルからの眺めがまるでギリシャにいるみたい。
    行きたかったな、ギリシャ・・・

    ホテルに戻って、起きていた坊と夫と朝食を食べて、今日はタクシーでアドベンチャーワールドへ。
    もうこのきれいな海辺を歩くことはないんだなと思うと、物悲しい・・・


    今日のアドベンチャーワールドは飛行機の時間があるので、タイムリミットがあります。
    サファリパークの有料の乗り物に乗ってみようとまずは予約へ。
    前日に目星をつけていたスペシャルバスを予約しました。
    スペシャルバスの時間までまだ50分くらいあります。

    というわけで、またパンダ。
    10061002
    今朝もむしゃむしゃ笹を食べています。

    イルカのプールにも行ってみました。
    イルカに癒されるって本当なんだなぁ。
    いつまでもここで眺めていられそうなくらいまったり。
    10061003
    「ちゃちゃー」
    イルカを眺めながらお茶をごくごく飲む坊。
    イルカはちょいちょいジャンプしてくれます。

    バスの時間が近づいてきたので、バスの発着場へ。
    その付近にいたワンワンと記念写真。
    10061004
    「わんわんーー!」
    上野だったらもみくちゃにされそうですが、ここでは普通にのんびりしています。だから、並ばずとも普通にワンワンと触れ合える。
    ちなみに・・・この坊のTシャツ、パジャマにしようと思って持って行ったんですが、出発前にお出かけ用のシャツをぬらしてしまい、急遽これを着させました。

    あんなに朝から張り切って予約したバスですが、いざ乗車してみると、私たちを含めて3組のみ。
    バスはほぼ貸切のような状態・・・後部座席を陣取って、右に左に移動しながら動物を見ました。
    バスの運転手さんが説明をしてくれるので、聞きながら観察。

    まずはキリンのビュースポットへ。
    運転手さんが何個か食べ物を渡してくれて、これをキリンにあげることができます。
    10061005
    キリンでかっ!!!

    さぁえさをあげてみよう、とまずは私がチャレンジ。
    てのひらにえさを乗せてキリンに見せると、キリンが口を近づけて食べます。
    「おぉ〜もにょもにょしてる〜!」
    と次はなんと坊がチャレンジ。
    昨日カバのえさをうっかり私があげてしまったから、今度こそは坊にチャレンジさせてあげよう・・・と夫が坊を抱っこして、私が坊のてのひらを広げさせて、その上にえさを置いてみると・・・

    キリンきたーーー!!

    もにょもにょと坊のてのひらからえさを取っていきました。

    えさはまだまだあるので、次は私はカメラマン。
    坊がえさをあげるところをカメラに収めよう〜とファインダーをのぞいていたら・・・

    キリンがきて、坊のてのひらに近づいて・・・




    食べた!!!!!
    10061006


    食べたんです・・・・・・・坊のてのひらごと。

    なぜって坊のてのひらを広げさせる係がいなかったから、坊ったら怖くなって手をグーにしてしまった。

    キリン、そんな事はおかまいなしに坊の手をむにょむにょ・・・

    キリンにえさをあげようと見ていた他の人たち、にわかにざわめく。
    「あの子、手くわれてない!?」

    案の定、
    「びえーーーー!!」
    泣いた。

    このあとは手をしっかり洗ってバスへ。
    10061007
    「ママーちりんーいたいー」
    キリンが痛かったらしいことを伝えてくる坊。
    (あまりに座席が余っていたので私は坊の前に座っていた)

    このあと「キリン=痛い」となった坊でした。

    さてバスは猛獣ゾーンへ。
    メスライオンが子ども達とのんびりしてます。
    10061008
    ちょっと小さいのが子ども達。
    子ども達はママライオンに甘えていて、遠目から見たらかわいい!

    ライオンゾーンを越えて、バスは猛獣たちの家へとやってきました。
    今までで初めて入る場所。
    入ってみると・・・グリズリー、ライオン、トラ、チーター・・・猛獣祭り。

    かっこいい・・・・けど怖い。
    10061009
    私とライオンをさえぎるのはこの柵だけ。

    グリズリーはまだかわいいな、くらいの余裕がありましたが、ライオンには本気で怖気づきました。
    とくにメスライオンのあの眼・・・私はメガネをかけたお肉くらいにしか見えてないのでしょう。

    外にいたチーターも超近い。
    10061010

    こうして今までで一番サファリパークを満喫しました。

    スペシャルバス、他のに比べて安いし、オススメですね。



    おっと、坊がお昼寝から起きたようです。
    一旦アップします。

    2日目の夜

    0
      月 アドベンチャーワールドから帰って、真っ先に夕食を食べに行きました。
      この日はホテルに夕食をつけていなかったので、前日に調べたホテル近くの大衆酒場(といってもおしゃれ)へ。
      二泊するなら、私は夕食無しもいいなぁと思います。
      その方が安いし、地元の居酒屋にも入れるし・・・こっちの方がおいしかったりしますよね。

      どれもおいしくて、坊もいっぱい食べていました。
      イカもほんのり甘くて歯ごたえ十分。
      10060707

      生簀で泳いでいるタコの足をそのまま刺身に。
      10060708
      これもおいしい〜けど、食べるたびに吸盤が口の中につくのでは・・・とヒヤヒヤ。

      たっぷり食べて、慌てて外へ。
      慌てたのには理由があって、それは日没の時間まであと少しになっていたからです。
      10060701
      おぉ、間に合った!!

      坊はサンダルに砂が入ったと泣いています。
      海に向かって叫んでいるわけではありません(ある意味泣き叫んではいた・・・)
      10060702
      「サンダルのばっきゃろー」

      坊と2人で夕日が落ちるのを見て、すごくリラックスした気分になりました。
      夫はというと・・・
      10060703
      昨日行方不明になった間、波打ち際でたわむれていなかった、との事で、リベンジしていたようです。
      (ちなみに行方不明になった間は、通りを歩いて今日の夕食を食べられそうなレストランを探していたらしい)

      夕方の海はおだやかでやさしい。
      10060704

      夫は海でたわむれ、私は海を眺め、坊は砂浜工事。
      10060705
      ホイールローダーで砂を集めては遊んでいます。

      肌寒くなってきたので、ホテルへ。
      ホテルの窓からは今日もオーシャンビュー。
      10060706
      いつまでも眺めていたい景色です。
      砂浜には遅くまで散歩する人の姿が見られました。

      一方坊と夫は・・・
      お風呂に入ってそのまま寝てしまいました。

      今日は晩酌無しか・・・と荷物整理をしてから私も就寝。

      次の日はとうとう南紀白浜も最終日です。


      ・・・パンダを見てきます。

      アドベンチャーワールド1日目

      0
        おはな 動物としばし触れ合ったあと、ペンギンの散歩が見られるというので、その場所まで行きました。
        ペンギンが通るという場所を空けて、待っていると・・・

        はしゃぐ2歳児1名。
        10060603
        「ぐっしっし!!」

        空いている謎のスペースがとてつもなく楽しいらしい。
        まだペンギン用の消毒やらもしているわけじゃないので、放置していましたが、あまりにもはしゃいできたので捕獲。
        ブーブー言う坊を押さえこんでいたら、ペンギンが散歩にやってきました。
        10060604
        前回より数が少なかったけど、かわいい。

        ペンギンを見てからソフトクリームを食べて、私はお土産を見るため、ここから別行動に。
        「じゃあね〜」
        と向かった先はパンダランド。

        1日に何回見ても飽きません。
        閉園時間まであと1時間ちょっと、ということで人もまばら。
        私しかいない時もあって、テンションは否応なく上がります。
        10060601
        パン太郎「パン子さん、今日はすごく見てくるメガネの人いたね」
        パン子「パン太郎さんたら、小さいこといつまでも覚えているのね、むしゃむしゃ」


        10060602
        パン太郎「ぱ・ぱ・パン子さん!!!メガネだよ!!メガネ!!!!」
        パン子むしゃむしゃ

        一方、メガネの私はパンダと目があったことに大興奮!!

        お土産買う目的は・・・・・?

        また一方、坊と夫はどうなったでしょうか。

        お土産を買い終わって、夫がベンチにいるというので合流してみると・・・



        あぁぁ。
        10060605
        「しゃしゃー・・・・むにゃむにゃ」
        完全に眠りに落ちている坊。

        知られざる空白の時間、何があったかは夫のカメラが教えてくれました。


        まず、私と別れてから、夫と坊はもう一度無料のケニア号に乗ったようです。
        10060606
        「・・・・・・」
        出発前の写真。
        すでにうつろな表情・・・

        そしてこの次の写真がこちら。
        10060607
        ・・・どうやら出発前に眠ってしまったようですね。

        夫は何をしていたかというと、
        10060608
        シマウマを堪能したり、

        坊に腕を取られたり、
        10060609

        ヒグマを見たりしていたそうです。
        10060610
        御丁寧に写真まで撮って・・・

        一人サファリ、これはまた贅沢ですね・・・多分

        このあとむっくり起きた坊を路線バスに乗せて帰りました。

        アドベンチャーワールド1日目

        0
          ジョギング 午後はまず、ホッキョクグマのごはんの時間を見てきました。
          寝ていたホッキョクグマも時間になったら起き上がります。
          10060401
          アドベンチャーワールドにはオスメス一頭づつと、子どものホッキョクグマが一頭います。

          飼育員の方がえさを投げると、水の中に勢いよく(最初は全然勢いなかったけど)飛び込んでえさを取りにいきます。
          10060402
          ホッキョクグマの後ろ足は泳ぐ時は使わないのかな、全然動かない。

          目の前に来たーーー!
          10060403
          本気で大きいです。

          水中でえさを待つ間は、上手に立ち泳ぎ・・・
          10060404
          と思いきや、水槽の縁を使って立ってた。

          やぁいいもの見たねーと帰ろうとする夫と坊を、
          「ちょっと待った!ここにかわいいイスがあったから見に行こう」
          と強引に2階へ連れて行きました。
          そこは休憩スペースに置かれた、昔の特急電車のシートをベンチ代わりにしたもの。

          それがかわいいのなんの。
          10060405
          「しゃしゃー」
          しゃしゃ・・・この坊用語はあとで何回も出てくることでしょう。

          うちにも欲しい、と思ったイスでした。


          ホッキョクグマを見て、またパンダを見て・・・
          10060406
          パン太郎「パン子さん、パン子さんの方が笹がずいぶんと多いように思うんだけど・・・」
          パン子「そうかしら、気のせいだと思うけど」



          パンダを見てからふれあい広場へ。
          10060408
          手洗い場もかわいいですね。

          きのこの下で休憩する坊。
          10060407

          ふれあい広場って普通うさぎとかモルモットとかヤギとかですよね。
          ここは「え、これも触れるの?」くらいのふれあいっぷりです。

          どうです、この堂々たるふれあいっぷり。
          10060409
          「かーめー」
          ってこれは作り物のカメ。

          そうよね、まさかこんなデカいカメなんて・・・とお思いのみなさん。

          こちら本物です。
          10060410
          「キャキャキャ」

          カメやらを触って歩いていると、カバのえさやり体験をしているというので、行ってみました。
          飼育員の人が一人1個えさをくれて、あっかんべー、をカバがやったらえさをあげてくださいとのことでした。
          坊と私でえさやり体験。
          10060411
          あ、あっかんべーした!!

          一定の離れた場所から、カバの口めがけてえさを投げます。
          10060412
          おお!食べたー!!
          坊は絶対ムリだろう、と坊のえさも私が投げてあげるとこちらもパクリ。

          食べたねーカバさんむしゃむしゃだねーと坊を見ると・・・
          10060413
          「ギョエーーー!!!」
          ・・・まさか、あげたかった・・・?

          「ごめんね、坊、ごはんあげたかったんだね・・・ママがバカチンだからあげちゃったねえ」
          と泣きやまない坊に困っていると、先ほどの作り物のカメと同じく作り物のカバ発見。
          ダメ元で
          「ああ!!坊、カバさんいるよ!!ごはんあげようか!!!」
          とその辺に落ちていた葉っぱを渡すと、涙目でにっこりして置き物のカバに葉っぱあげはじめた。
          10060414
          「んふふ、どーじょ」
          ありがとう、カバの置き物作ろうと思ってくれた人・・・


          すっかり機嫌の直った坊は作り物のゾウにも乗りました。
          10060415
          「あはは、かわいいねー」と目を細める親バカ夫婦。


          これで1日目のアドベンチャーワールドも佳境です。
          時間はまだまだありますが、なんてったって、坊が寝ましたからね・・・(カートないのに)


          もう少しだけ1日目のアドベンチャーワールドの話を後でアップします。
          今日はこれから夫の誕生日のお祝いを買いに行ってきます。
          今日誕生日なのに、会社のお偉いさんと飲み会なんだって。
          夫には、日用品をあげようと思っていますよ・・・

          アドベンチャーワールド1日目

          0
            バス パンダは屋内、屋外のパンダ舎を1日に数回移動します。
            パン太郎とパン子も屋内のパンダ舎へと入って行きました。
            屋内でも笹をむしゃむしゃ・・・
            そして私はそれをじーっと眺めます。

            10060301
            パン太郎「・・・・・パン子さん」
            パン子「むしゃむしゃ、なあにパン太郎さん」


            10060302
            パン太郎「あそこのほら、メガネの人・・・すごい見てる」
            パン子「むしゃむしゃ、みんな見るもの」


            10060303
            パン太郎「そうだよね、みんな見るもんね・・・」
            パン子むしゃむしゃ


            10060304
            パン太郎「パン子さん・・・」
            パン子むしゃむしゃ


            10060305
            パン太郎「やっぱりほら、尋常じゃないよ・・・パン子さん」
            パン子むしゃむしゃ


            パンダを見つめ続ける私、パンダと目が合って大興奮!!
            ガラス越しに「ふふふ、おいしいの、おいしいの?」と聞く。
            もはや危ない人と化しています。
            近くにいた人、私が連れに話しかけてると思ったでしょう・・・完全に一人でしたよ。


            (※パン太郎とパン子は便宜上つけた仮名です)



            夫と坊にそろそろ。。。と促されて、午前中にサファリパークも周ることに。
            無料のサファリ号で周ります。
            坊が楽しそうなら有料のツアーに明日行こう、という考えです。
            坊、右に左に見える動物たちを珍しそうに眺めています。
            10060306
            「しゃいー」
            しゃい・・・サイです。

            坊用語でこれは・・・
            10060307
            「ガオガオー」
            がおがお・・・トラです。

            しっかり堪能して、ランチをとることに。
            ペンギンからイルカからパンダからサファリまで、これだけ行ってまだ午前中。

            朝しっかりバイキングで食べ貯め(?)をしてきたので、昼は軽く。お財布にもやさしい。
            10060308
            坊は双子パンダパン、私たちはパンダバーガーです。
            パンダパンは中に何も入ってなくて、プレーンなのでよかったです。

            坊がぶり。
            10060309
            あんぐ

            パンダ引き裂かれ、右を食べてからごっくんもせずに左をがぶり。
            なんて食べ方だ・・・
            10060310
            あんぐあんぐ

            ちなみに軽く軽食のつもりが、かなりボリューミーでした。
            なのに、前日羽田で買ったメロンパンも食べたわたし。
            そして3時にソフトクリームも食べた。


            醍醐味醍醐味。。。

            これで1日目の午前は終了です。

            私の見たパンダの生態

            0
              よつばのクローバー パン太郎が滑り台の下の笹を食べています。

              そこへパン子が近付いていますね。
              10060210

              パン子の目的は笹ではなく滑り台だったようです。
              のしのしと滑り台逆走。

              予想通り、登りきれずに滑り落ちてくるパン子。
              笹を食べていたパン太郎に激突です。
              10060212

              転げるパン太郎。
              10060213
              パン子、おかまいなしにまたどしどしと滑り台を登ってゆかれます。

              パン太郎、まけじと逆側(左側)から登ります。
              10060214

              パン子、まさかの頭から落とす作戦。
              10060215
              パン太郎、危うし!!

              あぁ・・・やっぱり
              10060216

              パン太郎、執念の二度目。
              10060217

              パン太郎、重心を下げてパン子に激突!
              10060218

              取っ組み合いの末・・・

              優勢だったパン太郎・・・・・・敗北は目に見えました。
              10060219

              ちーん。
              10060220


              萌え萌え〜・・・


              ※パン太郎とパン子は便宜上付けた仮名です

              アドベンチャーワールド1日目

              0
                魚 今日からアドベンチャーワールドの話を中心にできたら時系列に書いて行きたいと思いますが、なんせ動物がたくさん出てきます。


                ホテルから無料の循環バスに乗って、10時過ぎにアドベンチャーワールドに着きました。すでに駐車場には車がいっぱい。
                ちょっと出遅れたか、と焦りますが、園内に入るとそんなに気になりません。
                2Dayパスを買って、憧れの動物カートに乗せようかと見てみたら「1500円」の文字(内500円は保証金)。さほど悩む事もなく、カートは無し、ということになりました。
                けど、結構アップダウンが多く階段もあるので、歩ける子どもならカートはいらないかもしれません。

                まずペンギン舎へ。
                10060201
                ペンギンのコロニーに迷い込んだかのような状態。
                おそらくペンギンの数と近さに圧倒されるかと思います。そして・・・寒い。
                いろんな種類のペンギンがいますが、ここには皇帝ペンギンもいます。

                パンダに会いたい気持ちを押さえて、まずイルカライブへ。
                イルカライブ、前列はかなりの水を浴びるので、浴びたくない人は前よりの真ん中くらいの列がいいかと思われます。
                10060202
                後ろには南紀白浜空港の飛行機が見えます。

                ライブは大人でも十分楽しめるようになっていて、私も夫もうっかり(?)感動してしまいました。3年前に来たときはこんなライブだったかなぁ・・・
                3年前もここのロケーションがいいなぁと思ったのは覚えています。

                イルカいっぱい。
                10060203

                ライブの後は、水槽の前まで行く事ができて、イルカを間近に見られます。
                坊もイルカに喜んでいました。
                10060204

                ライブが終わってとうとうパンダランドへ。

                と、その前に。。。

                アドベンチャーワールドでは去年の10月にホッキョクグマの赤ちゃんが生まれていて、園内にはパンダと同じく、ホッキョクグマのグッズもたくさんあります。
                これは・・・なんだと思いますか?
                10060205
                「うごかないですゅね」
                そうそう、お金入れてないからね・・・

                これはね・・・ホッキョクグマのシーソーでした。
                10060206
                前の写真を撮っている私と坊を撮る夫。

                動かないシーソーに乗らされた挙句、楽しむ事もなくシーソーを降ろされる坊。
                そんな坊を引きつれて、早足でパンダランドへ。


                ぎゃぎゃぎゃーーー!!!なパンダの話はまたあとで。
                洗濯物が出来たので干してきます。。。
                10060207

                南紀白浜1日目

                0
                  飛行機 日曜日、帰ってきました。
                  夫の誕生日割引を利用して行ってきた南紀白浜。
                  以前に行ったのは坊がおなかにいる、安定期に入って割とすぐのときでした(そのくせ那智の大滝を見に山登り)

                  飛行機は13時だったので、朝ゆっくり・・・とはいかず、片付けて準備して、なぜか眼科に行ってからバスで羽田へ。
                  羽田でランチを食べてからいざ搭乗口へ。

                  この便はバスで飛行機まで行くものでした。
                  わかる〜高松もそうだった!と懐かしい感じ。
                  10060101
                  「ひこうきいぱーい」

                  バスで行ったから、おかげで飛行機が間近に見られました。
                  10060102

                  小さい飛行機でガタガタ揺れながら、南紀白浜空港着。
                  バスでホテルまで移動です。

                  今回のホテルは白良浜の前にあるホテル。
                  全室オーシャンビューです。
                  リッチー!なわけはなく、「訳ありプラン」というのを利用して安い部屋。
                  オーシャンビューだけど、視界の1/4くらいをホテルの建物が遮っている、という部屋です。こんなのはへのかっぱ。
                  チェックインしてから目の前の白良浜へ。
                  まっしろでさらさらの砂が本当に気持ちのいい砂浜です。

                  最初はとまどい気味だった坊も、夫に教えてもらって、砂をおそるおそるツンツン・・・
                  10060103

                  うれしそう。
                  10060104
                  「つんつんしたー」
                  砂浜に坊のツンツン跡がたんまり。

                  とにかくさらさらな砂なので、どんどん靴に砂が入ってきました。
                  そこで靴を脱ぐことに。
                  10060105
                  あたたかくて気持ちのいい砂を喜びながらさわる坊。
                  一方、どこかへ消えてしまう夫。
                  そして、一人水辺で波とたわむれる風の女。
                  「ぎゃー、坊、楽しいよ〜おいで〜」
                  ぶんぶん、と頭をふる坊。
                  (まぁ強制的に波に足をつけてやりましたけどね・・・)

                  どこまでも歩く私とどこまでも歩く坊。
                  夫は相変わらずどこかへ行ってしまったらしい。
                  (今もこの空白の時間は謎)
                  10060106
                  砂浜を歩いていくと遊具があって、そこでどこからともなく現れた夫と坊と遊びました(あのタコの遊具)。

                  夕食まで時間があるので、歩いて千畳敷へ。
                  1.2Kmくらいかな、夫が坊を抱っこして歩きました。
                  いざ着いた千畳敷は・・・

                  強風。


                  飛ばされんばかりの強風でした。
                  10060107
                  以前来た時のあの風光明媚な印象はどこへ・・・
                  強風に煽られながら海を眺め、また坊を抱っこしてホテルへ。

                  地元の酒屋でビールを買ってから帰りました。


                  ちなみにこのホテルにした大きい理由は、大浴場の床が畳敷きだったということです。
                  坊がすべらないと思って・・・本当にすべらなくて正解でした。

                  今回の旅の目的は90%パンダです。
                  なので、翌日からはパンダ三昧。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << November 2017 >>

                  THOMAS

                  .

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  recommend

                  春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                  春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                  ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                  小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                  recommend

                  手紙
                  手紙 (JUGEMレビュー »)
                  東野 圭吾
                  ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                  recommend

                  いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                  いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                  ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                  recommend

                  ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                  ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                  ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM