2013夏休み・リトルワールド

0

    2013の夏休みの記録もあと少し…

    今日は愛知県のリトルワールドへ。

    本当は明治村に行きたくて、愛知県で一泊したんだけど、この暑さで明治村を回るのは無理かも…とギリギリまで悩んだ末、リトルワールドに行くことに。
    ここなら早く終わらせて、リニア鉄道博物館に行くこともできるかなって。
    14070101
    坊さん、行きますよ。

    開園30分前に着いてしまったリトルワールド。
    人の気配もあまりなく。
    うちの他にはもう一台車が停まっているくらいでした。
    14070102
    野外民族博物館、というリトルワールド。
    そろそろ東武ワールドスクエアも行ってみたいね、坊さん。

    開園と同時に入場して、ベトナムだかタイだかのバスに乗って、とりあえず朝一でペルーの大農園領主の家へ。
    14070105
    ぽこちゃんは日よけではありませんよ。

    そこで、一度だけ民族衣装体験を。
    14070103
    いろんな刺繍の入った洋服を着て、自分のカメラで写真を撮れます。
    でも暑いからすぐに脱いでもらいました。

    いろんな民族衣装が揃っていて、コスプレ好きにはたまらない感じですが、坊さん、暑いから嫌だって言うので頼み込んで一着だけ。

    いろんな国の建物を見られるリトルワールド、照りつける太陽の下、可能な限り見てきました。
    14070104
    フランスアルザス地方の家。

    14070106
    ドイツのところかな、おもちゃの博物館みたいなのがあって、こじんまりとはしていたけど、内容が濃くてよかったです。

    鉄道模型もありました。
    14070107
    卓球をするひとたち。

    イタリアの家。
    14070108
    こんなに絵になるんだから、民族衣装着て撮りたかった。

    坊さん、何かに怒ってました。
    14070109
    南アフリカの家の前にて。
    何に怒っていたんだっけ。
    でもこの写真の後が吹き出したような笑顔の写真だったから、大したことはないのでしょう。

    14070110
    子供の部屋。
    シンプルでかわいい。
    欲を言うなら、このライトは避けてほしかった。
    坊さんもネイマール、貼りたいかな。

    暑いのでまたバスに乗って今度は車窓から世界の家々を見て回りました。

    本当に暑い一日だったので、ジリジリとしたアスファルトを歩くのは危険かと。


    涼しい時にお友達とかと行ったら、テンションあがって民族衣装着まくったんだろうな、と思うけど…
    次回は明治村、ぜひ行ってみたいと思います。

    この後は最後のリニア鉄道博物館。


    2013夏休み・奈良

    0

      2013夏休み、新大阪の新幹線が見える部屋の朝。
      14062401
      朝焼けの中の新大阪駅。
      深夜も保線作業をしていたり、気になりつつ、ちらちら見ながら寝た夜。
      坊さんは爆睡でしたが。

      でも朝起きてすぐに窓の外を見ていました。
      14062402

      なんと500系も見られました。
      14062403
      驚いて撮ったので、イマイチな写真。

      朝ごはんを食べてから、ホテルを出て奈良に向かいました。
      まず着いたのはここ!久しぶりに来ました。
      といっても大学を卒業した年くらいに友達と来たんだっけ。
      14062404
      わかりますか。
      ポイントはひつじ、ではなく。

      こちらの動物。
      14062407

      そう、奈良公園からの東大寺。
      人生で4度目の東大寺。
      14062405
      大人になってから来た方が絶対にいいのはわかっているんだけど、私も子どもの頃に東大寺に来て、奈良の大仏に驚いた記憶があって。

      坊さんも大仏さんの鼻の穴と同じ大きさをくぐってみる。
      14062406
      すっごい嫌がっていたけど、なんとか通ってこの表情。
      目がしょんぼり。

      修学旅行の時に驚いた、正倉院の大きさを夫に見せたくて、東大寺の周りを散策することに。
      散歩してかなり経ったあとで、正倉院が工事中なことを知る。
      しかも1ミリも見えない。
      まだ散策するという夫と別れて、坊さんと二人で散歩しながら帰りました。
      14062408
      鹿がいっぱい。

      夏で観光客が少ないせいか、もはやそういう習性なのか、ポケットやカバンをごそごそしただけで、鹿の群れがやってくる。それもすごくたくさん。
      「しかにおせんべいあげるんだー」
      と最初こそ言っていた坊さん、あちこちで鹿の集団に囲まれて「ギャー」ってなっている人を見て、
      「もうあげないでいいかなっておもった」
      って言っていました。
      あれは確かに大人でも怖い…

      せんとくんを見たり、資料館を見たりして、夫と合流。
      奈良で有名なラーメンをランチに食べ過ぎて、お腹が裂けそうになりながら、次はずっとずっと来てみたかったこちらへ。
      14062409
      法隆寺!!

      世界最古の木造建築。
      学生時代、先生と
      「なんでヨーロッパなどの外国のマンションは百年を超えても価値が下がらず住めるのに、日本はだめなんでしょうか」
      って話していたこともあって、地震とか高温多湿とか木造だから火事とか、いろいろあるけど、
      「それでも世界最古の木造建築は日本にあるからね」
      って先生が仰って、それ以来ずっと来てみたかった法隆寺。

      やはりただならぬ存在感でした。
      夏じゃなければ法隆寺の中でしばらく座っていたかった。
      14062410
      どこを見ても素晴らしく。
      そうわかるのは大人になってからかもしれないけど、でも見られてよかった。

      法隆寺の中をあちこち散歩して。
      14062411

      せっかくなので、大宝蔵院にも行ってみたら、息を呑むとはこのことか。というほどの静かな圧倒的存在感を持つ観音様の像があり、しばらく立ち止まって拝観しました。
      ただ目で見ていたけど、心が何かを考えることもなく無だったのは、この時が初めて。
      注釈を見ると、こちらが国宝の百済観音像なんだそうです。
      本当に素晴らしかった。
      お近くで見ていない方は是非。

      それにしても暑かった奈良県。
      14062412
      手水も気持ちよかったって言っていました。

      この日もいっぱい歩いて、伊勢を通りつつ、この日の宿は愛知県。
      14062413
      高速の近くの宿に泊まって。

      この日は何を食べたんだっけ。

      *********

      明日は坊さん、早起きでワールドカップを見るんだそうです。
      起きられるのか。がんばれにっぽん!


      2013夏休み・島根から

      0

        日が長くなったおかげなのか、せいなのか、連日17時半過ぎまで公園で過ごしている私です。
        6月なのに既に腕は黒く日焼けしてしまいました。

        でも楽しそうにお友達と遊ぶ坊さんを見たら、まぁいいか、と思ってしまう。
        いつもお付き合いしてくれるお友達、ありがとう!

        そして話は変わりますが、今朝園バスのバス停まで行こうと玄関を閉めようとしたところ、ドアノブが外れました。

        二回目なので、またこの時がきたか、という感じです。

        前回は驚いて管理人さんに電話して、大家さんに修理してもらったのですが、それをちらっと見ていた私はできそうだなと思い…

        坊さんを送り出してから、一人で格闘してみました。
        ドアノブの形状を見て、なんとなくやってみること数分。

        ドアノブくっつきました。

        なんか自分のスキルが上がったみたいで嬉しい。
        どこで使えるかわからないスキルだけど、もしドアノブが外れたらお近くの方は声をかけてください。

        **********

        さて坊さんの去年の夏休みですが。

        島根からの帰り道、去年出雲大社の遷宮の年だったこともあって、出雲大社に寄って帰ることにしました。
        東京から香川へ行く時は伊勢神宮に寄ったので、これで今年は運気上がりまくりのはず…だったけど、まぁ普通に。

        島根で朝ごはんを食べずに家を出て、途中の出雲のパン屋さんを目指してみました。
        14061801
        パン屋さんは牛だらけ。

        牛乳にこだわっています、というパン屋さんで、どのパンもやわらかく、感動しました。
        14061802
        坊さんは牛のパン。

        →牧場のパン屋さん・カウベル
        http://www.izumo.ne.jp/~itodairyfarm/

        サイトを見たら米粉パン専門店って書いてありました。
        米粉だったんだ、と今知る。

        あむ、という音が聞こえそうな。
        14061803
        寝起きに牛をほおばる5歳児。

        そして朝早く出雲大社到着。
        夏は朝一に限ります。
        14061804
        坊さん、毛むくじゃらの付き人を一人チョイス。
        出雲大社を練り歩きます。

        朝一なのに、やっぱり遷宮ともあって、人が多かった。
        出雲大社に来たのは3、4回目だったと思うけど、一番人が多かったです。

        大きなしめ縄。
        14061805
        日本一の大しめ縄。
        しめ縄って、注連縄って書くんです。
        それぞれの漢字は簡単なのに、こう書かれると知らないと読めない。
        遷宮が終わったら、いつか後ろに人が写りこまない写真を出雲大社で狙ってみたいと思うけど、それは不可能なんだろうか。

        出雲大社界隈には至る所にしめ縄がありますので、どうしても後ろに人が写ってほしくない方はこちらで。
        14061806
        坊さんサイズでいいかも。

        出雲大社の後はずっと行けていなかった、一畑電鉄の出雲大社前駅へ。
        14061807
        家にこういうステンドグラス、欲しい。

        車両にも乗ってみたり。
        14061808
        JRの旧大社駅は以前行ったけど、一畑電鉄は初めてでした。
        ローカル私鉄ならではの良さがあります。

        出雲を出て、高速に乗って、今度は新大阪へ。
        ここでこの日のホテルを予約してあったので、ホテルに向かいます。
        我が家のホテルはいつも3人で6,000円〜8,000円ってところでしょうか。
        旅先の朝食は絶対にちゃんと食べたいので、ホテルによって朝食をつけるかどうか考えます。

        この日のホテルは新大阪駅近くの部屋から新幹線が見えるというホテルでした。
        14061809
        付き人たちも休憩中。
        なかなか攻めたデザインのベッドカバー。

        想像以上の近さで新幹線が見えました。
        14061810
        でも東北新幹線ほど車両にバリエーションがないのが残念なところ。

        ドクターイエローでも通ればな、とスケジュールを調べてみたけど、この日は走っていませんでした。

        新幹線だけではありません。飛行機も結構な近さで見えます。
        14061811
        プロペラ機。

        しばし新幹線と飛行機を眺めて、夕方になってから新大阪の駅まで行って夕飯を食べました。
        地下街みたいなところでサラリーマンが入るような小料理屋に入って食べたのですが、ここの料理が安いのにすっごくおいしくて、次新大阪に来ることがあったらもう一度食べたいなと思いました。

        翌日も早いので、さっさとお風呂に入って新幹線を眺めて就寝。
        14061812
        次は奈良県に向かいます。


        2013夏休み・島根

        0

          香川では毎日海遊びと川遊びをおおはしゃぎで満喫した坊さん、続いては夫の実家のある島根へ。
          こちらはとにかく山の中。
          虫や畑や田んぼなど、とにかく自然に触れてすごします。それもゆっくり。
          朝は畑にお水をあげます。
          14061201
          島根の実家は山の中にある盆地なので、太陽が昇るのが遅く、朝も涼しい。

          14061202
          もうそろそろどれがきゅうりでどれがナスでトマトか、覚えたかな。

          いろんな野菜の取れる畑、毎年収穫もさせてもらっています。
          14061203

          そして朝ごはんを食べて、朝はチャレンジを頑張って。私はその勉強も見つつ、読書。
          14061204
          布団には坊さんの付き人たち。
          何匹いるんでしょう。

          ある日は島根のじじちゃんとばばちゃんと、お出かけをしました。
          浜田市の方にあるお寺へ。
          14061205
          お城の跡地を見に行く坊さん。私は暑いから下で待っています。
          この中のどこかに坊さんがいるけど、緑だなぁ。

          浜田市でランチに回転寿司に行ったのですが、それがすっごくおいしくて。
          珍しいネタもあったりして、食べ過ぎました。
          そしてお正月に島根に帰った際も訪れてきました。

          帰り道に浜田市の世界こども美術館へ。
          夏休みの企画展で子供が遊べるアートを展示してあるというので、行ってきました。
          14061206
          付き人のくまも一緒。

          中はポップでいい意味で敷居が低くてよかったです。
          ちゃんと子供の目線になっているなと感じられるアートでした。
          14061207
          すごろくをじじちゃんと一緒にやっていた坊さん。

          いろんな仕掛けもありつつ。
          14061208
          普段は展示会場なのか、廊下なのかわからないけど、スペースを活かした展示でした。

          こちらは切り絵を作って、色ごとに飾ってみるという展示。
          14061209
          みんなの切り絵ひとつひとつがまとまって、アートとして昇華します。

          坊さんの作ったの、あるかな。
          14061210
          一個一個見ると、おもしろい。

          ここは出口で特別にいろんな色。
          14061211
          こういうのって本当にかわいいなと思います。
          いろんな色があるんだけど、その色のチョイスがいいから、全体的にまとまるんだと思います。

          この後は温泉に入って帰ったんだっけ。
          ちょっと記憶が…

          別の日に島根に帰るといつも行く温泉に行って。
          14061212
          誰もいない…

          本を持ってきて寝たら最高だと思う、山の池のロケーション。
          人によって好きな景色って違うと思うけど、私は緑と水の風景がゆるがなく好きです。

          夜には家の前で花火もして。
          14061212
          東京の家の前で打ち上げ花火をしようとは思わないけど、島根と香川の家の敷地内ではいくらでも打ち上げられます。
          それってすごいことなんだと、東京に来るまでは知らなかった。

          島根ではこの夏、カボッコリーという新種の野菜と、オクラの花を食卓に出してくれて、それがとてもおいしかったです。カボッコリーはその後テレビなんかでも見かけたけど、口にすることはなく。
          食べ物も健やかで、いつもここで太って帰る。
          野菜もお肉もお米もおいしいんだから仕方ないけど、今年もきっと太るんだろう。

          今年は夫がお盆に休めないかもと言っていたので、そうなったら私と坊さんとのふたりで島根に行こうかなとも思います。


          2013夏休み・香川

          0

            昨日、抜歯後の抜糸、ようやくやってきました。
            抜糸したら、食べやすくなった!!
            夏までには親不知抜歯ダイエットかなとか思っていたけど、ここから巻き返して食べちゃうな。
            抜糸、糸が一本食い込んでいたみたいで、そりゃ痛かったです。
            それもまた思い出だけど…
            体も動かせるようになって、週末は晴れ予報なので、朝は坊さんと土手を走ろうと思います。

            ********

            さて、アップしていなかった2013夏休みの写真を駆け足で。

            去年の夏休みも車で帰りました。
            今年もきっと車かな。

            香川の我が家は瀬戸内海にほど近く。
            海水浴場には歩いてもいけます。
            2〜3日に一回は海水浴に行っていました。

            近くのおばちゃんちの畑で野菜やお花の収穫をさせてもらったり。
            香川ではなかなか東京ではできない経験を毎日させてもらうようにしています。
            そしてもらったスイカで
            14061101
            勇ましさが微塵もありませんが。

            スイカ割りをしました。

            もう食べられないと言われたスイカももらって、一人一個スイカ割り。贅沢!
            14061102
            まぁちゃんがスイカに顔を描いてくれました。
            クイックルワイパーの棒でも簡単に割れるスイカたち。
            食べられないと言われたスイカ以外は甘くておいしくて、外でいただきました。

            夜は帰郷時には毎回のように行っている鉄板焼きのお店にみんなで食べに行ったり。
            14061103
            安くておいしい、って払ったことないけど…
            ここの店員さん、
            「女性だと100から150グラムですね」
            って言うんですけど…
            なんだったら300グラムくらい軽く食べますけど?の私。
            赤身のお肉なので、もしかしたらそれ以上もいっていいならいきますけど。

            またある日は久しぶりに姉さんたちと屋島へ。
            夕方から出かけました。
            14061104
            屋島の道の途中で。
            源平合戦、ご存知でしょうか。
            那須与一が弓をよっぴいたのが、この屋島の壇ノ浦ですよ。

            というわけで、顔も入れてみました。
            14061105
            いいおさまりっぷりですよ。

            屋島の山頂に車を置いて、歩くこと20分くらい。
            夕暮れの、誰もいない、人の気配もない道を歩くのはなかなかのスリリングでした。
            そして着いたのが屋島ケーブルカーの山頂駅跡。
            今は瀬戸内芸術祭の一環として「美しく捨てられて」という作品になっています。
            14061106
            ここも誰もおらず…
            もはやスリリングを超えて、何か見ちゃいけないものが見えたら嫌だな…と思ったり。

            この後、琴電屋島駅に行って、姉さんたちと居酒屋でごはんを食べて帰りました。


            坊さんはといえば、毎日甥っ子やまぁちゃんと遊んでもらって、みんなかわいがってくれるのでケンカはしなかったけど、泣くこともありました。
            14061107
            坊さんの泣いている理由は坊さんと私とはっちゃん(このぬいぐるみ)のみぞ知る。

            (1)はっちゃんは姉さんのぬいぐるみだけど、東京に連れて帰りたくなった
            (2)はっちゃんの鼻がたまに反対方向に向いていて怖かった
            (3)甥っ子のしょおちゃんがはっちゃんの上に乗って、はっちゃんがかわいそうだった

            さて、どれでしょう。


            またある日は仁淀川道の駅からのラフティング(川下り)に参加して、『子供からおじいちゃんおばあちゃんまでみんなで楽しめます』的な趣旨を書いていたにも関わらず、予想さえしていない程のインストラクターの厳しさで、人生で腹立ったこと10位以内にランクインするくらい腹立ったり。
            14061108
            思い出してもまだ当時と同じ勢いで腹立てられるわってくらいありえないインストラクターだった。
            これもまた思い出…って片付けるかい!っていまだに腹立ってます。

            またまたある日は今年も無料開放の夜の動物園に行ったり。
            14061109
            坊さんの表情…
            そしてどこでもぽこちゃん。

            香川を去る間際、少し早いけど姉さんたちの誕生日をさせてもらいました。
            姉さんとモコリンが8月の誕生日なので、子供たちと(おもにしょおちゃんと坊さん)準備して、飾り付けして、ケーキを買って、プレゼントもたくさん用意して。
            14061110
            テーブルクロスは家にあった大きな紙に絵を描いて代用しました。
            家中にあったぬいぐるみを子供たちに持ってきてもらって、それをどんどん私が描いていったので、もはや誰かわからないものもあります。

            みんなでお祝い。
            14061111
            ホールのケーキが手に入らなかったけど、ちゃんとお祝いできてよかったです。

            今年もこんな感じに香川で夏を過ごすんだろうなと思います。
            14061112

            帰るのは7/25辺りが妥当かな。
            島根と夏旅行を入れて一ヶ月くらい東京から離れようと思います。
            まだまだ未定ですが…
            帰るのは冷蔵庫を空にしたりも含めてそこそこ大変。


            淡路島

            0

              まだ去年の夏の思い出もアップできていなかったので、とくに行事もないこの時期にアップしておきます。

              去年の夏は、私の母親と坊さんと、淡路島に行ってきました。
              淡路島は昔からよく行っていたというか、通り過ぎていた場所ですが、ちゃんと降りるのは随分久しぶりのこと。
              実家からは橋を二つ渡ると淡路島に到着です。

              ここに行ってみたかった宿があったので、今回はそこを目的に。

              淡路島には安藤忠雄氏の建築物が数多くありますが、まず一つ目は本福寺水御堂。
              坂道をぐいぐい上った高台に突如現れます。
              14061001
              この蓮池の下が御堂になっています。
              静けさと涼しさで否応なく厳かな気分にさせられます。

              坊さんは厳かどころか早く次に行きたい様子。
              14061002
              暑いもん、集中力なんてないですよね。

              次はウェスティンホテル淡路島。
              14061003
              どこでもらったのか、風船を持っている坊さん。

              ぽわぽわちゃんの写真をなぜか連写。
              14061004

              ホテルに行くまでの時間をつぶすかのように、ここを散策しました。
              14061005
              淡路といえば、玉ねぎとお肉。
              とうことでお昼は自ずとハンバーグに決まり。
              プリンもついていました。

              安藤建築、三か所目はこの日のホテル、TOTOシーウィンド淡路。
              14061006
              窓は風景を切り取るもの。そんな感じの窓の配置でした。

              海の青とソファの青。
              14061007
              残念ながら海が写っていないのは、雨が降って霧が出てしまったから。

              こちらにも青い椅子が。
              14061008
              引き算って感じがいいなと思いました。
              我が家は足し算足し算でおもちゃ箱みたい。
              もう少し歳をとったら引き算もやってみようと思ったり断念するんだろうなと予測してみたり。

              うちの夫が欲しがるであろう、本棚。
              14061009
              ここも並べ方は引き算。

              最近のホテルってライブラリーがあるところも増えましたね。
              ぜひぜひどこのホテルでも旅館でもライブラリーを設置してほしい。

              部屋に入って、まずお風呂。
              14061010
              坊さん、お風呂は大好きなので、お昼から入るお風呂に喜んでおりました。
              晴れていたらこちらのプールでまずは遊んだんだけど、この日は残念ながら雨。

              お部屋は畳の部屋にしました。
              14061012
              夕食の時間まで坊さんは迷路、私は持ってきた本をひたすら読みふける。
              暑い夏だからこその時間の過ごし方かなとも思います。
              暑くなければまず散歩。そしてお風呂と読書、夜はお酒ってとこでしょうか…

              雨脚が強まって、ザーザーと降ってきましたが、この雨の音を聞くのも好きなので、坊さんと雨の音を聞きながら夕食と2回目の温泉の後就寝。
              翌朝は朝日を見て朝風呂。
              雨で散歩ができないのでホテルの散策をしてから朝食へ。
              14061011
              なんてキラキラっぷりだ。

              こちら、プールがあれば子供も楽しめるだろうけど、とにかく海を眺めてゆったりしたいときにはいいホテルだと思います。
              コンパクトだけど、不足もなしって感じでした。

              この夏は香川に帰る期間がいつもより短めになる予定。
              でもまたどっかに行けたらいいなと思います。


              では親不知抜歯後の抜糸してきます!!


              2014お正月・京都2日目

              0

                坊さんのお正月、島根から東京へ帰る途中に寄った京都ですが、この時も新幹線が見える部屋というのに泊まりました。
                朝食なしプランにしたときの定番といえば、焼き立てパンをパン屋に食べに行くということで…
                この時も調べて、地下鉄に乗って進々堂のパンを食べに行きました。
                7時半少し過ぎに進々堂最寄駅に到着。

                しびれるような寒さの中をパン屋を目指して鴨川を渡ります。
                14060901
                あまりにも寒くてぽこちゃんの手が寒かろうと、手を温める坊さん。

                ようやく着いた進々堂。
                14060904
                年始だったため、今年の干支のうまのパンが売っていました。

                パンを選んで、お店の中でいただきます。
                14060903
                ぽこちゃんどれにするーとか言っていたんだろう。

                うまのパン。
                14060902

                私はクロックムッシュのセット、みたいなのにした気がします。

                ごはんの後はまた移動。
                次は南禅寺へ。
                日本三大門のひとつ、三門も来てみたかった場所。
                14060905
                朝早くだったため、誰も写りこまずに撮れました。

                三門、せっかくなので上ってみました。
                14060906
                すごく高くて、しかも先端に向かうほど、なんとなく下に傾斜している三門。
                高所恐怖症ではない私でもドキっとします。
                なのに坊さん、ぐいぐい前に行くから、こちらが驚いてしまいました。

                そしてそして!!

                一度は見てみたかった水路閣へ!
                14060907
                水路橋ってどれもドキドキするし、美しいけど、これはもう芸術品ですね。

                坊さんと水路閣の上を散歩したり、近くの寺院を訪ねたり、朝の冷たい空気の中を哲学の道に沿って散歩しました。
                坊さんとしりとりしながら歩くこと小一時間。
                14060908
                銀閣寺到着!

                細部にわたるまで美しかった。
                建物はもちろん、植生も苔まで。
                やはり観光客の方も多かったです。

                修学旅行で金閣寺は見たけど、銀閣寺は私も初めて。
                坊さんは何度でも
                「きんかくじはいったよね」
                と間違えます。
                多分、銀のイメージとあまりにかけ離れていたからかもしれません。

                銀閣寺からはバスに乗って街中へ。
                新幹線の時間もあるので、そろそろ京都も最後です。
                最後にイノダコーヒへ。
                14060909
                せっかくなので行きたいお店は行っちゃおうと。

                すんなり中に通されて、二階の席へ。
                14060910
                お水はおいしいですか。

                昔こんな喫茶店、あったなぁとか思いながら懐かしいひと時を過ごしました。
                14060911
                坊さんハンバーグサンド。
                銀食器、喫茶店の絵柄の付いたカトラリー、紙ナプキンなど、どれをとっても懐かしい。

                まだ行ってみたい喫茶店とかパン屋さんがあるので、次回はそちらも行ってみようと思います。
                また次回は夏でしょうか。夏は来ないかな。
                14060912
                新幹線に乗って東京へ帰りました。
                坊さんのこのZARAのミッキートレーナー、フリマで売っちゃったから、こういう写真も将来見ていろいろ思い出すんだろうな。

                *********

                明日は親不知抜歯後の抜糸に行ってきます。
                やっと抜糸だー。


                2014お正月・京都

                0

                  水曜日のボクシングのクラスでのドッジボール大会、坊さん4位になりました。

                  トーナメント方式で、幼稚園クラスはトーナメントが別なので、幼稚園クラスの優勝者はそのまま全体の4強に入れる、というようになっていたのです。
                  坊さん、つまり幼稚園クラスでは優勝しました。
                  初めてのドッジボール大会で、サッカーばかりでまともにドッジボールをしていなくて、大丈夫かなーと思ったけど、いい経験だと思って参加させた今回の大会。

                  ちなみにドッジボールは危ないので大きめのビーチボールを使ってやっています。
                  それでもものすごい剛速球が来るのです。

                  全体の準決勝で、通常の小学生や中学生がいるトーナメントを勝ち上がってきたお兄ちゃんお姉ちゃんと一戦交えることになった坊さん。
                  よりによって、優勝候補の先生の息子さん。
                  スポーツマンらしく、手を抜かずに坊さんと戦ってくれました。

                  が、その剛速球が坊さんの顔にクリーンヒットしたときから、坊さん泣き顔に。
                  試合の前に誰かの剛速球が顔に当たっていたこともあって、多分心が折れたんだと思います。

                  涙を流しつつも、必死でボールを受けて、でも力が入らなくてひょろひょろとボールを投げて、相手に剛速球を当てられ、それでも最後まで弱音を吐かず戦い抜いた坊さん。

                  みんなも最初はかつてない状況にしーんとなって見ていましたが、そのうちにみんな応援してくれて、涙ぐましい光景でした。

                  試合が終わったらギャンギャン泣いていたけど、三位決定戦があったので、そちらでは今度中学生の女の子と戦ってきました。
                  結果は2点あげられたけど、坊さんの負け。
                  その2点も女の子が坊さんの涙を堪えながらも戦う姿を見て、ちょっと気を許してくれたからだと思いますが、その試合の前に「中学生相手に1点でも取れたら最高にすごいよ」と坊さんを送り出していたので、点がとれたことがすごく嬉しかったようでした。

                  試合が終わって、ボクシングの教室を後にしたら、坊さん泣きじゃくって、ずっとわんわん泣いていました。

                  負けたこと、悔しかったみたいです。
                  でもいい経験になりました。
                  さらに鍛えて、先生の息子さんから1点でもあげられるような剛速球を身に着けてもらいたいと思います。

                  ***********

                  さて、お正月の島根からの帰りに寄った京都。
                  今日とは去年もお正月に行ったので、今年は去年は行っていない場所にということで、まず平安神宮。
                  14052301
                  初詣の人がいましたが、そんなに驚くほどではなかったです。

                  おみくじをひいたら、大吉でした。
                  14052307
                  坊さん、神社に結んで帰りたかったみたいだけど、いいおみくじなので、家に持って帰ることに。

                  平安神宮の前にて。
                  14052302

                  そのあと、歩いて知恩院、八坂神社方面へ。
                  途中にあったお寺が素晴らしく、拝観できなかったのですが、ものすごく気に入りました。
                  14052303
                  後で調べてみたら、青連院っていう天台宗のお寺なんだそうです。
                  緑に囲まれた、静かな寺院。
                  近くに低層マンションがあって、ここで住みたい、と思いました。
                  いいな、あの枝と緑の苔。

                  知恩院にも。
                  14052304
                  ここからさらに公園を通って散歩して…

                  祇園の方まで。
                  14052305
                  祇園はまだ昼ということで、静かでした。

                  夕飯を食べる前に鴨川まで下って、さらに歩く。
                  14052306
                  近付きすぎな坊さんとぽこちゃん。
                  ああ、ぽこちゃん生きていたらいいのにな。と坊さんのようなことを思う。

                  鴨川の見えるイタリアンでこの日は決めて、窓側の席に通してもらいました。
                  14052309
                  去年も鴨川の見えるレストランだったけど、去年と今年とで違うことは坊さんがスマホでやたら写真を撮ること。さて来年は。

                  シャンパンを待つ私と、ピザを待つ坊さん。
                  14052308
                  ピザもすごくおいしかったです。
                  シャンパンも。
                  サラダも。
                  そして食べ過ぎたのでまた歩いてホテルまで帰りました。

                  ***********

                  では今日はこれからコストコへ行ってきます。


                  島根県アクアス

                  0

                    1月の話ですが。

                    島根に帰った際に、アクアスへまた行ってきました。
                    もう何度目でしょうか、アクアス。
                    でも行く度にゆるい気分にさせてくれるし、規模も坊さんにちょうどいい感じ。

                    ご存じない方もいるとは思いますが、島根と言えばサメなんですね。
                    因幡の白兎に出てくる、あのサメ(ワニとも言うらしい)のこともあり、水族館にもサメがいっぱいいます。
                    14051501
                    サメいっぱいの大水槽。

                    魚の真正面顔。
                    14051502
                    こんな感じなんだ…

                    坊さん、水族館と言えばイルカよりペンギン派です。
                    14051503
                    自分の持っているペンギンのぬいぐるみがどの種類なんだろう、と一生懸命吟味していました。
                    コウテイペンギン、かわいいな。
                    白浜アドベンチャーワールドにまた行きたくなりました。

                    アクアスにあった、こういうの。
                    14051504
                    見逃すはずもなく。
                    誰も着ていなかったけど、絶対着るでしょうってことで。
                    しいていうなら、折角のロケーションを活かして、海をバックに撮れたらよかったな。

                    でもペンギンはいますよ。
                    14051505
                    一番大きいボウサンペンギン。

                    ペンギンの展示は最近はこういうの、多いですね、癒されます。
                    14051506
                    誰もいないので、急かされることもなくゆっくりと横になってペンギン鑑賞。

                    ペンギンのあとは、シロイルカを見に行きました。
                    途中にアザラシがいるというので、坊さんも「みたい!」って見にいったら、そのアザラシがすごくかわいくて。
                    水槽の中をひたすらぐるぐる同じコースで回っていたアザラシですが、坊さんがカメラを向けている前で必ず底の方に落ちて行って、坊さんが撮れないっていう。
                    少し移動しても、またアザラシは坊さんの前で落ちていく。
                    また移動しても、落ちていく。
                    14051507
                    坊さん、この子を「おまんじゅう」と名付けてしばらく見ていました。
                    おまんじゅうがすごくかわいかったので、お誕生日にアザラシのぬいぐるみをあげようかなと思ったんだけど、かわいいアザラシが見つからず。

                    ソフトバンクのCMの島根のおじさまで有名になったシロイルカも見に行きました。
                    14051508

                    次に行くのは今年の夏か、今年の冬か。
                    その時にもまたおまんじゅうに会いに行こうと思います。

                    ********

                    坊さん、今日は運動会で年長さんがする鼓笛隊の楽器決め。
                    「こだいこがいい」
                    って楽しそうに出かけていったけど、さてどうなるかな。

                    来週の水曜日はドッジボール大会に初めて出る坊さん。
                    なので、今週末は練習しようと思います。


                    初春の軽井沢

                    0

                      一日目の夜は温泉に坊さんと入り。
                      夕食をしこたま食べて、そのままフィギュアスケートを見ながら坊さんと夫は早々に寝てしまいました。

                      朝、なんか夫がはしゃいでいるなと思ったら、
                      14040302
                      朝日!!

                      今年初めての朝日を、4月に。

                      いや、東京の家からじゃ、いくら早起きしても朝日が昇るところは見られない。
                      14040301
                      今回の旅のお供はココフィーちゃんとぽわぽわちゃん。坊さんが自分で背負ったリュックに入れて持ってきました。ココフィーちゃんの「ココ」はココフィーちゃんをくれたお友達の名前。

                      朝も温泉行って、バイキングをしこたま食べて、二度寝して。
                      準備ができたら、ホテルと同じ敷地内にあるおもちゃ王国へ。
                      14040303
                      今日は坊さんと思いっきり遊ぶ日。
                      おもちゃの王様と思いっきりかぶっていますよ、坊さん。

                      朝一で入ったけど、全然空いていました。
                      14040304
                      もちろん200円は入っていない、動かないパンダ。

                      最初にソリを借りて雪遊び。
                      14040305
                      靴も普通の靴だけど、防水のズボンと手袋だけは家から持ってきました。
                      何度も何度も滑る坊さん。
                      私も一度滑りましたが、すっごく楽しかったです。
                      人も少ないので、好きなだけ滑れました。

                      そのあと、渓流釣りなるものを。
                      14040306
                      透明な水だったので、ニジマスの群れが目で見えます。
                      そこに向かって釣り糸を垂れてみる。

                      釣れた!
                      14040307
                      釣ったのは夫ですが。

                      私も何回かヒットしましたが、釣り上げられたのはたったの2回。難しいな…

                      こちらのニジマスは、あとで一匹焼いたのを食べられます。

                      そのあと、お金を払ってできるワークショップへ行って、坊さんはパーラービーズに大ハマり。
                      家でもやっているけど、大きいパーラービーズを作ることができたので、すごく達成感を感じたようでした。作ったのはピカチュウ。

                      パーラービーズが出来上がるまで、プラレール。
                      14040308
                      家族で作り上げた、至って普通のレール…

                      そのあとはダイアブロックのブースへ。
                      坊さんと私が公園をブロックで作っている間に、一人でもくもく何かを作っていた夫。
                      「これ見て」
                      というので、見たら
                      14040309
                      シュールすぎるロボット。
                      子供泣くから。

                      そのあとニジマスを食べて。
                      坊さんは外で少し遊んで。
                      14040310
                      色合い補正なしの写真。色がかわいい。

                      バスまであと少し時間があったので、最後に何をしたいか聞くと
                      「パーラービーズ!!」
                      って…
                      やりにいきましたよ。また。
                      今度はハリマロンというらしいものを作りました。

                      結局その間にバスは行ってしまい、ホテルまでは歩いて帰りました。

                      ホテル内の教会も散歩がてら見に行ったり。
                      14040311
                      中に外国人の神父さんがいて、英語で話しかけてきたので、しどろもどろしゃべっていたら、業を煮やしたのか、神父さんいきなり日本語でしゃべりだす。お上手ですね。

                      鐘の場所で撮ろうとしたら、坊さんパーラービーズを取り出しました。
                      14040312
                      この日作ったパーラービーズ。
                      下絵と色の組み合わせは決まっているんだけど、私がその通りにするはずもなく。
                      色合いは大幅に、下絵はちょこちょこ変えながら作り上げました。
                      ハリマロンとピカチュウ。
                      今はベッドサイドにいます。

                      部屋に帰る前にもホテル内をさらに散策。
                      14040313
                      すごく大きなホテルで、私が泊まったのは本館。
                      大きいから泊まったことあるよって人もたくさんいるはず。

                      ヨーロッパのような、は外だけではなく、中もけっこうちゃんとしていました。
                      14040314
                      ただ、部屋はごく普通でした。本館のわたしの部屋に至っては。

                      誰もいない散歩道は雪解け水が流れて気持ちよかったです。
                      14040315
                      坊さんのリュック、私が使っていたものなので、大きい。

                      このあとはホテルの前で足湯に漬かって、またバイキングをしこたま食べました。
                      朝も夜もバイキングをしこたま…大丈夫、お昼抜いてますから!



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      THOMAS

                      .

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                      recommend

                      手紙
                      手紙 (JUGEMレビュー »)
                      東野 圭吾
                      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                      recommend

                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                      recommend

                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM