ジェインのもうふ

0
    読書 朝、ブログに書いた「ピンクのもーもー」の絵本が気になって、調べてみたら、「ジェインの毛布」という絵本でした。
    そうそう、この絵本!!
    小さい頃何度読んだかわからない絵本。

    08070806
    ジェインのもうふ」アーサー・ミラー(著)アル・パーカー(絵)厨川圭子(訳)

    昔何度も読んだ絵本を、こうして大人になって思い出すと無性に読みたくなりますね。
    私は他にもどうしても読みたい絵本がいくつかあります。
    検索しても出てこない絵本もあったり・・・。
    どうやって探したらいいんだろう。

    「わんにゃんとにゃんわん」
    犬と猫を飼っている男の子と女の子の話。
    「わんぱくチャイブスまちへいく」
    高野紀子さんの絵本。ペロペロキャンディが食べたくなったものです。
    「お空のペンキ屋さん」
    これも何度も読んだ絵本。
    「???」
    雪の日に森で住んでいるおばあちゃんが木の実のシチューを作っていたら、動物が次々とやってくるお話。
    ・・・などなど、思いついたのを書いてみました。

    うちのピンクのもーもーラバーズ。
    08070807

    コメント
    姉さんへ: そうそう、小鳥の巣に持っていかれるんや。
    けど、ジェインが大事にしてきた毛布がぼろぼろになって、最後は鳥の巣になって役に立つっていうんがええと思うなぁ。
    そうやって、捨てたり、どうでもええわ、ってならんと、物の最後をちゃんと見られるってええなぁ。
    ジェインのもうふ。。あったなぁ。
    何度も読んだっけ。でも最後に毛布が
    ハンカチ位まで小さくボロボロになって、
    確か小鳥の巣に持っていかれたような。。
    あれは子供ながらにショッキングやったわ。
    • カイ
    • 2008/07/09 9:54 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << March 2018 >>

    THOMAS

    .

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
    春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
    ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
    小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

    recommend

    手紙
    手紙 (JUGEMレビュー »)
    東野 圭吾
    ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

    recommend

    いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
    いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

    ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

    recommend

    ティム・バートンのコープスブライド 特別版
    ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

    ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM