ゴールデンウィークの食材探し*調理編*

0
    赤りんご 築地と栃木で仕入れてきた食材たち。中でもウドとカラスミと鴨ミンチは調理したことがないので、どういう風に食べようかな・・・と考えるだけでも楽しいひと時。特にウドは食べたことがほとんどないので、その思いはひとしおです。
    07051701
    栃木の野菜たち。あれ、木の芽を写し忘れていますね。

    まず築地から帰ったその日の夕食。
    ■キンキの開き、塩焼き
    07051702
    キンキを買ったお店のおじさんが、「塩はほんのちょっと振るだけにしな!」と教えてくれたので、仰せの通り、ほんのちょっと藻塩を振って焼きました。
    身がやわらかく、脂もしっかりと乗っていて、たしかにほんのちょっとの塩で食べる方が、キンキ自体の味を楽しむことが出来ました。魚をきれいに食べられると自負している私は、頭の硬い骨と、硬いひれ以外は全部食べてしまいました・・・きれいに食べるって意味が違うだろって感じですが。
    スーパーでは高くて手がでないキンキだけに、大満足です。

    ■ウドと木の芽の味噌和え
    初めて調理するウドは、こちらも栃木で買った木の芽をつかって味噌和えにしました。
    細切りにして軽く酢水にさらしてから水気をとったウドと、みじん切りにした木の芽とを、味噌・みりん・砂糖・醤油・酒で作った調味料で和えます。いつも味をみて調味料の種類や量を足していくので、分量が不明ですみません・・・。
    07051703
    ウドのちょっとくせのある味と木の芽の香りと味とが、甘めの調味料に合います。これはものすごく好みの味でした。ウドっておいしいな・・・。

    ■鴨ミンチの鴨南蛮そば
    こちらも初めての鴨ミンチ。スーパーで売っている鴨肉を使って鴨南蛮を作っても、鴨肉が硬くなってしまうんですよね(私だけ?)。なので、鴨ミンチを使って鴨南蛮を作ってみました。
    「鴨がネギしょって・・・」っていうくらいですから、ミンチには普段玉ねぎを入れる私も、今日はやっぱり長ネギでミンチを作りました。
    付け合せの長ネギは、グリル(のキンキを焼いている横)で少々焼き目をつけます。
    07051704
    鴨の脂とダシが出てて、ものすごくおいしいつゆになりました。でも全然しつこくないのがこれまたすごい。鴨ミンチもやわらかくて、さすがにネギとの相性もよかったです。ちなみにこの鴨ミンチは築地に行った3人とも買ったのですが、防災隊長の家では鴨ミンチロールキャベツを作ったそうです。おいしそう〜。けどもうミンチ残ってない〜〜。

    この日はあと、写真に撮ってないけど、ほうれん草のおひたし、「ちりめんてんこもり」でした。

    ■カラスミのスパゲティー
    カラスミも買うのが初めてですが、パスタを作るつもりで買ってきたので、迷わず翌日のランチはカラスミのスパゲティーにしました。
    07051705
    塩味&辛味控えめのペペロンチーノを作って、上にチーズおろし器を使ってカラスミをパスタの上にふりかけていきます。あぁ〜おいしそう〜〜
    07051706
    大好きなカラスミのスパゲティーが家で食べられるなんて、幸せ〜。二人分で1.5センチくらいしか削らなかったので、まだまだ使えそう。
    パスタもいいけど、おつまみを作る時にも重宝しそうなカラスミ。今後も楽しみな食材です。

    ■ウドとアスパラのマヨネーズ焼き
    カラスミのスパゲティの付け合わせは、ウドとアスパラを使って温かい一品にしました。3センチくらいに切って酢水にさらしたウドと、これも3センチくらいに切ったアスパラを軽く茹でて、水気を切ってから、耐熱容器に入れて、上からマヨネーズ、醤油、ガーリックパウダーを混ぜたソースをかけて焼き色が付くまで焼きます。
    07051707
    ウドの淡白さとマヨネーズがいい感じです。あと醤油を少し入れたのもいい感じ。おつまみにもよさそう(またつまみ?)。

    ■鴨&鳥ミンチの野菜たっぷりスープ
    これは後日冷凍してあった鴨ミンチと鳥のささみのミンチを合わせて肉団子を作り、たっぷりの野菜と和風だしのスープにして食べました。
    野菜は、れんこん、にんじん、ごぼう、たけのこ、長ネギ、アスパラです。
    07051708
    スープの味を少し濃い目にして、硬めに炊いたお米にかけて、どんぶりとして食べてもおいしそうですね。

    これでカラスミと木の芽以外は全部食材を使いきりました。
    やっぱり使ったことがない食材を料理するときのドキドキはたまりませんね。それにしては普通の調理方法だったけど・・・まぁ食材の味を活かす、ということで・・・。
    どの食材もおいしかったけど、鴨ミンチのおいしさは衝撃的なものがあったので、また買いにいきたいです。

    ゴールデンウィークの食材探し

    0
      青りんご もう随分過ぎ去った感のあるゴールデンウィーク・・・栃木話をぼちぼちと更新していたために、こんな時期までゴールデンウィークについて書いていますが、どうか、そーっとしておいて下さい。

      さて、ゴールデンウィークには楽しみなことが2つあって、1つは栃木、そしてもう1つは築地まつり(こんな名前?)に行くことでした。で、やっぱり行くからには普段買わないような食材を買って帰りたい!そう思っていました。

      まず、栃木。
      新鮮な野菜を!と意気込んで、道の駅の産直市場に行きました。が。時は既に昼前。買いたい野菜が売り切れ、という悲しい事態・・・。
      07051601
      それでも売り切れていなかった食材と、土地の名産であるという「うど」を買いました。

      ■お買い物リスト
      ・うど3本入り 100円
      ・とてもきれいなほうれん草1束 100円
      ・とても太いアスパラガス4本 150円
      ・木の芽 100円×2袋

      木の芽は小袋にたっぷり入っていたので、きくまささんに1袋お土産です。
      他にもいろんな山菜があって、心揺さぶられましたが、うちは揚げ物禁止なので、あきらめました。でもよくよく考えたら、きくまささんのお店で天ぷらにしてもらえばよかったな・・・。

      そして築地。
      この日はゴールデンウィーク中唯一の開市日。半値市も開かれるとあって、もうそれはそれはずごい人人人・・・。友達と3人(1人は残念ながら風邪でお休み)で乗り込みました。とはいっても、私達は情報通の防災隊長の指令により、当日8時に築地駅に集合していたため、10時前からの大混雑を避け(避けきれてなかったけど・・・)、自分達のペースで防災隊長に築地を案内してもらいつつ、お買い物をすることができました。さすが隊長、素晴らしい作戦です!

      まずは築地場外を散策。築地で食べる気まんまんで朝食を抜いてきたはいいが、はらぺこになってしまった私を、防災隊長がだんご屋さんに連れていってくれました。
      07051603
      なめらかなあんこのだんごを食べて、HP回復(ドラクエ風)!だんごホイミです(まだドラクエ風)。

      場外はところどころいい香りがしてきます。
      07051602
      ここは削り節屋さん。防災隊長はここの削り節を料理に使うということでお買い上げ。もう1人の友達、ボブママ(飼っているチワワの名前がボブ←♀)も同じくお買い上げ。
      それにしてもダシの中にいるような気分になるいい香り。

      そしてついに場内へ。
      07051604
      私は場内に入るのは初めてのこと。市場で働く人達の熱気に気圧されながら、ボブママと2人で防災隊長に必死で付いて行きました。
      ぼーっとしてようもんなら、ターレット(小型の運搬車)にひかれそうになります。

      けれど、見たことがない魚や、大きなマグロ、大きな貝、変わった名前の魚介類・・・見るもの全てが初めてのことで、きょろきょろしてばかり。さすが、築地!!

      見るからにおいしそうな魚介類たち
      07051605 07051606

      デカ!
      07051607
      ちなみにこれは場外の写真です

      場内を見終わって、場外を少し見ているうちに、どやどやと人が増えてきて、半値市の始まる頃には身動きをとるのすら難しい状況になったので、防災隊長オススメの築地ランチを食べて、そそくさと築地を後にしました。
      ちなみにこの後、生もの持ったまま、銀座で数時間お茶を飲んで帰りました・・・。

      ■お買い物リスト
      ・キンキ開き300円×2枚
      ・鴨ミンチ500グラム 400円
      ・カラスミ 500円

      次回はこれらを使ったゴールデンウィークメニューです。

      Happyプッチンプリン

      0
        ハート 週末、きくまささんのお店に行った帰りに、ふらっと立ち寄ったコンビニで、去年のクリスマスシーズン以来気になっていたアイツを発見しました!!12月にヨーカドーで一度見ただけだったので、幻なのか、幻だったのか、と思っていましたが・・・

        07040402
        Happyプッチンプリン!!
        以前ブログで書いた時は、一度見たきりだったので、名前がわからなくて「超BIGプッチンプリン」と勝手に書いていましたが、正式名称は「Happyプッチンプリン」だったようです。でも超BIGであることに変わりはありません。
        通常サイズの3.6倍、容量はおどろきの400g!!
        07040404
        クマの顔の大きさと同じ・・・。

        グリコのショッピングサイトによると、
        「あなたをとりこにしてしまう、魅惑のプッチンプリンです。」

        この大きさでもちゃんと「プッチン」できるんです。
        お皿の上でひっくり返して、いざ・・・プッチン!
        07040403

        とろとろとろ〜とプリンが容器から出てきます。
        もしや、お皿からはみ出してしまうのでは・・・とドキドキ。
        07040405
        ・・・なんとかお皿の中に納まりました。

        プリンの味はいつものプッチンプリンですが、どんなに大きな口で食べてもなかなか減らないのが魅力です。やっぱり、夢の食べ物・・・。
        07040406
        頼んでいないのに、コンビニでスプーンを付けていてくれました。
        このHappyプッチンプリン用スプーンなのか、普通より長いスプーン。

        一人で食べるにはちょっと多いとは思いますが、二人で食べるとかなり満足のサイズでした。夢の跡をながめる輩が一匹・・・。
        07040407

        ちなみにきくまささんのお店では鳥取産白バイ貝と生ホタルイカの刺身をいただきました。モツ鍋も頂いたし、あぁ至福のとき・・・。
        07040401
        随分と長居してしまいましたが、どれもこれもおいしかったです。
        その日食べられなかった鳥つけ麺、今度行く時にもあったらいいなぁ。

        さぬきうどんの話

        0
          ラーメン 毎回香川に帰郷するたびに、うどんは必ず食べに行くようにしています。それは昨今のうどんブームで賑わうお店ではなく、地元、もしくは香川で働いている時によく通ったお店。

          今回は、会社の近くの宝山亭に行ってきました。
          かつては週一のペースで通っていたお店。
          会社の近くには他にも数軒うどん屋さんがあって、気分や季節や都合なんかで行く場所を決めていたのですが、私はこの宝山亭が一番好きです。

          うどん屋といっても、うどんだけ食べるわけではありません。
          おでんやおむすびのおいしさも、重要なポイントなのです。
          その点で宝山亭はどれも高ポイント。

          宝山亭のおでんはからしではなく、からし味噌でいただきます。
          といっても全然辛すぎないので、いつもたっぷりと・・・
          もちろん、からしも置いてはありますが、一度もつけたことはないなぁ。
          07032801
          手前がとうふで、向こう側が牛スジとこんにゃく。
          ここのこんにゃくはしこしことしておいしい!

          寒い季節によく頼んだのが肉うどん。隠れた人気メニューです。
          この日も迷わず肉うどんを頼みました。
          肉うどんといえば、甘い肉が多い中で、宝山亭の肉は甘くなくて好みの味。
          最近ダシの塩っ気が強くなっているという噂でしたが、確かにちょっと辛くなったかな・・・?
          でもここのダシを飲むとホッとします。
          07032802

          ちなみに宝山亭には各種どんぶりもあって、こちらもとってもおいしい!
          でもやっぱりうどんを頼んでしまうから、1年に1回くらいしかどんぶりを食べることはありませんでした・・・。
          07032803

          まぁちゃんと遊ぶ(フルーツピザ作り)

          0
            ケーキ いくつか行事があって、一週間も香川に帰郷していました。
            そこで、おなじみ姪っ子まぁちゃんとあれこれ遊んできたのでここに書き留めておきたいと思います。

            今回まぁちゃんと約束していたのは「お菓子作り」。

            「まぁちゃん、何作る?」
            まぁちゃん「フルーツピザ!!」
            「ふるーつぴざ?それなに?」
            まぁちゃん「本に載ってたんで!」
            どうやら、まぁちゃんの読んだ本にフルーツピザのレシピがあったらしく、私とお菓子作りを約束していたまぁちゃんは、その「フルーツピザ」を作ろうと心に決めていたらしいのです。
            そこで、その本のレシピ通りにフルーツピザなるものを作ってみることにしました。

            まずはお買い物。
            「まぁちゃん、いちご入れようか。」
            まぁちゃん「まぁちゃんが選ぶ〜」
            「まぁちゃん、いちごはな、こうやって選ぶんで」
            いちごの選び方を教えて、
            まぁちゃん「わかった〜。これかなぁ、これはいかんなぁ。あ、これがええわ!」
            ふと見るとまぁちゃんの手にはいつの間にかランク上の値段の「あまおう」いちごが!!
            「ま・まぁちゃん、これは高いいちごや〜〜!」
            慌てて普通のいちご売り場に引き戻しました。
            いちごを選ぶ目は確かなようです・・・
            07032201
            まぁちゃん「くいちゃん、パイナップル入れる〜?」
            「か・缶詰でええんちゃう〜?」
            本のレシピにあった、ホットケーキミックスや、生クリームやチョコやフルーツを買って、家に帰りました。

            ■フルーツピザを作ろう
            レシピは本の通りです。
            ホットケーキミックス150グラムにバター20グラム(かたまり状のもの)を加えて、バターをつぶすようにして粉とよくなじませます。
            07032202
            まぁちゃん「あはは〜気持ちわるい〜」

            牛乳40ccを生地に加えてよくこねて、丸くまとまるくらいまで頑張ります。
            07032203
            ずーっとまぁちゃん一人で生地をこねています。

            オーブンシートの上に、ラップを敷き、その上に生地をのせ、生地をラップで挟むようにして手(まぁちゃんは途中から麺棒でしたが)で生地が2mmの厚さになるくらいまで伸ばします。
            07032204
            小さな手でぎゅっぎゅっと一生懸命伸ばしています。

            生地が伸びたらラップを外し、生地のまわりのふちを少し盛り上げ、生地にフォークで穴をぶすぶすと開けます。
            ここでまぁちゃんが夕食タイムに入ったため、私がようやく登場。
            07032205

            生地をトースターで表面がこんがりするくらい焼いたら、生地を6等分にします。
            07032206
            まぁちゃん「くいちゃん見て〜。まぁちゃん、ごはん3杯も食べたんで〜。」
            満腹になったまぁちゃんが、ようやくフルーツピザ作りに戻ってきてくれました。

            6等分した生地をお皿にのせ、事前にホイップしておいた生クリームをぬります。
            07032207

            そしてお好みのフルーツや飾りを乗せたら、フルーツピザの完成です!
            07032208
            私は大好きなバナナといちごだけにしました。

            なんか面白味にかけるので、バナナに顔をつけました。
            07032209

            まぁちゃんとまぁちゃんの弟と姉さんとで、それぞれ思い思いに盛り付けたフルーツピザをいざいただきます。
            07032210
            『きゃー』

            ピザ生地はクッキーのような感じで、生クリームをたっぷりのせていただきました。まぁちゃんも「おいしいなぁ!」と大満足の様子。
            こねたり、伸ばしたり、飾ったりと子供も楽しめるお菓子作りでした。
            割とすぐに食べられるところも魅力です。

            それにしても生地をしっかりこねられるようになったなんて、まぁちゃんの成長をひしひしと感じたお菓子作りでした。

            学園トマトケチャップ

            0
              きのこレッド フェリシモさんの企画「学園トマトケチャップモニター」に応募したところ、嬉しいことにモニターに選ばれました。
              そして週末。せっかくモニターになったんだから・・・と、届けられた学園ケチャップを手にメニューを思案。。。
              実を言うと、塩マニアな私はケチャップやマヨネーズやソースの類の調味料は普段ほとんど使わないので、ケチャップを使う料理となれば、オムライスとナポリタンくらいしか思い浮ばないのです。
              とはいえ、これは自分の幅を広げる(肉体的、ではなく・・・)きっかけになるはず。

              けれど張り切って、思案するも、
              「・・・困った。メニューが思い浮かばん。」
              そこで、自他共にケチャップ好きと認めるケチャップ隊長の友達(前カルメ隊長)へ事情をメールしました。すると、たくさんのレシピと共にメールが返ってきました。さすが、ケチャップ隊長!!ありがとう!!
              その中から冷凍庫にある冷凍エビを使ったメニューを作らせていただくことに。

              ■海老マヨケチャ風(レシピはケチャップ隊長より)
              「揚げた海老にケチャップとマヨネーズと砂糖とオリーブオイルを混ぜたソースにからめる」
              冷凍庫の海老と、同じくホタテ、冷蔵庫のアスパラも入れて作ることにしました。我が家は揚げ物ができないので、軽く海老とホタテの両面に小麦粉を付けてオリーブオイルで焼き目をつけてから、下茹でしたアスパラを加え、ケチャップとマヨネーズだけで味付けした簡単メニューです。
              学園トマトケチャップは甘みが強いので、今回は砂糖をいれませんでした。
              07031204

              ■じゃがいものロシュティ・学園ケチャップのせ
              スイス名物のロシュティを学園ケチャップで食べてみました。
              ロシュティは、水にさらさない細切りのじゃがいもをバターで焼いて作ります。一緒にお餅を入れてもおいしいのすが、今回はケチャップで食べるので、じゃがいもだけで作りました。
              07031202 07031203

              ■せっかくなので・・・ナポリタン
              私も夫もナポリタンが大好きなので、お弁当に、ランチに、しょっちゅう作るのですが、学園トマトケチャップで作ったナポリタンも食べたい!と思い作ってみました。
              07031201
              普段つくってる我が家の味のナポリタンと一味違って、喫茶店で食べるようなナポリタンの味になりました。

              週末が終わり、ケチャップはこんなにも減っていました!
              いつもの我が家ではありえないこと。
              07031205
              肝心の学園トマトケチャップの味ですが、一番最初にスプーンでさらっとすくってなめた感想は「すごくフレッシュ!」でした。その後に甘さがぐっとやってきます。
              苦手な酸っぱさはないし、甘ったるい、という感じでもないので、お料理にもとても合います。

              まだ残っているので、ケチャップ隊長からいただいたレシピをもっと試していきたいと思います。
              07031206
              *ごちそうさまでした*

              福福鯛 「ふくふくたいチョコレート」

              0
                お年玉 以前、「ぷくぷくたい」への思いをこのブログで語らせていただきました(→愛しのぷくぷくたい)。が。日曜日にコンビニに行ったら見つけてしまったのです。

                「福福鯛」

                え?擬似品!?
                ぷくぷくじゃなくて、ふくふくになっています。
                思わず裏を見ると、「名糖産業株式会社」。
                ・・・本家本物のぷくぷくたいの姉妹品のようです。
                値段は53円、ぷくぷくたい愛好会としてはここは買わねば!むんずとつかんでレジに向かいました。

                ところが、デジカメは島根以来6日間ずっと壊れたまま。
                写真に撮ってから食べたいなぁと思っていましたが、電源を入れても入れてもエラー。このデジカメを修理に出す間に、親から借りる予定のデジカメが今日来ることになっています。それまでの我慢かぁ・・・と何気に電源を入れて観たらなんと動くではないですか!!ふくふくたいのご利益です。

                記念の1枚
                07010801
                白赤金のシンプルisベストなパッケージ。商品コピーもなにもありません。
                ぷくぷくたいが、ぷくぷくたいがこんな立派な姿に・・・。

                立派なぷくぷくたいの姿に期待の高まる中身・・・。

                こ・これは・・・

                07010802
                普通のぷくぷくたいでした。

                でもきっと、ぷくぷくたいの中身は・・・


                あああぁっ

                07010803
                またしても普通のぷくぷくたいでした。

                せめてナッツとか入っていたらいいのに・・・。

                新商品だと思っていたので若干の気落ちはしましたが、それでもやっぱりおいしくいただきました。
                この商品、先述の通り、商品コピーがないので、名糖産業のサイトで調べて見ることにしました。

                そうすると、この福福鯛についてはサイトに載っていなかったのですが、別のぷくぷくたいを見つけてしまいました。
                それは、「絶鯛合格!ぷくぷくたい」。
                もちろん、「絶鯛」がポイントですね・・・。
                写真は載せられませんが、気になる方は名糖産業のサイトまで→絶鯛合格!ぷくぷくたい
                こちらはなかなか思いきったパッケージです。
                きっと私が受験シーズンだったら姉さんが持たせてくれたことでしょう。

                ここに来て、次々と進化を見せるぷくぷくたい。
                次はどんな新顔が見られるか楽しみです。

                150円の甘味

                0
                  よつばのクローバー 別に150円にこだわっていたわけでもないのですが、たまたまブログにまだ書いていない二つの甘味が両方とも150円だったのです。
                  150円、大きさにもよりますが、手が出しやすい金額でおいしいってすばらしい!!

                  まずはつい最近買った森下伊勢屋ののらくろ焼。
                  ずっとずっと気になっていたのらくろ焼。先日森下に行った時、お店がまだ開いていたので思わず買ってしまいました。
                  ここ森下は漫画「のらくろ」の作者・田河水泡さんが、幼年期から青年期までを過ごしたという由縁があるそうです。ちなみにのらくろの本名って野良犬黒吉だそうです!!のらいぬくろきち・・・2006年も最後に来てまたひとつ衝撃事実を知ってしまいました。

                  森下には「のらくろード」という、いかにもかわいい商店街もあるのですが、そこを通る頃には夜もどっぷり更けていたので写真に撮れず・・・。

                  さて、伊勢屋ののらくろ焼。
                  やさしそうなご主人が丁寧に袋に入れてくださいました。
                  その袋もこの通り、期待を裏切りません。
                  06122701
                  ちょっと袋がくしゃっとなっているのは、私がかばんに入れて振りながら帰ったため・・・
                  素朴な袋ですが、なんか印刷されたというよりは、スタンプを押したようなインクの具合が懐かしい袋です。

                  家に帰っていざご対面!
                  06122702
                  どっしりとしたのらくろ焼。オリジナルの焼印とぷっくりした皮がいかにもおいしそう!
                  06122703
                  中はつぶあんどっさりです。皮が他のどらやきと比べて存在感がありました。あんこと合うしっかりとした皮です。はちみつが入っているとのこと。
                  味見だけのつもりが、ついつい全部食べてしまいました。

                  森下は他にも行ってみたいお店がいくつかあるので、明るい時に行ってみようと思います。その時はのらくろードもちゃんとカメラにおさめてきますね。

                  そしてもうひとつはモチクリーム。
                  出張で東京に来た友達から聞いて、恵比寿三越に一緒に買いに行きました。
                  こういう情報に本当に疎くて、それまで全く知らなかったのですが、とても有名だそうですね・・・。
                  友達のおかげで食べる事が出来たモチクリーム、お値段は150円+税。
                  たくさんの種類があるのですが、数あるおススメ商品の中から買って帰ったのはショコラ・キャラメルプリン・カフェオレ・ロイヤルミルクティーの4つです。基本、カフェオレ味とミルクティー味に目がないんですよね・・・。
                  お店の人気商品はショコラや黒ゴマといったものでした。

                  冷蔵庫で少し冷やしてから食べることに。じゃんけんの結果、私がロイヤルミルクティーとショコラ、夫がカフェオレとキャラメルプリン。
                  06122705
                  モチクリームという名前の通り、周りは薄いおもちで包まれていて、中にそれぞれのフレーバーあんに包まれたクリームが入っているのです。
                  06122704
                  ロイヤルミルクティーは甘くておいしくて至福のときでした。
                  おもちは薄くてもちゃんとモチモチしています。
                  ショコラは他のに比べると味が強すぎというか、モチクリームの良さは出ていないかな、と感じました。おいしいけれど、普通な気がしたからです。
                  ショコラしかなかったら、きっとおいしく食べたのですが、他を食べてしまったので・・・。
                  カフェオレもとってもおいしかったです。
                  キャラメルプリンは最初に夫が一口で食べてしまったためわかりません・・・。
                  せっかくのおいしさとありがたみが・・・。

                  今回は買ってませんでしたが、他にマンゴーや宇治金時、バナーヌなど24種類あるそうです。家族へのお土産ということで、私よりたくさん買っていた友達はどうだったのかな?

                  ダントツ人気らしいキャラメルプリン、食べたかった・・・

                  まちぼうけのクリスマスケーキ

                  0
                    ブーツ 夫が仕事から帰ってくるまで我慢することにしたクリスマスケーキ。
                    ケーキのことばかり考えて仕方ないので、プレゼントをラッピングしたりして気を紛らわせました。
                    06122506 06122507
                    中見は言う程のものではないのです。小人のラッピングペーパーはIKEAのもの。

                    そしてケーキにありつけたのはクリスマスイブから日付が変わってクリスマスの深夜1時。こんな時間にケーキ食べても大丈夫か、と少し躊躇してみたものの、我慢できるはずもなく、食べることに。
                    06122501
                    お皿のまわりの茶色い線はチョコレートで書いたもの。ほんとは丸い点だったのですが、時間が経ってチョコレートが流れてしまったようです・・・。

                    せっかくなので、またランプをともしてクリスマス気分を盛り上げることに。
                    06122502
                    そうそう、ドイツで買ったオーナメントにもランプの灯りをあててみよう!
                    06122503
                    今日見失っていた、クリスマスの本来の意味を静かに考える時が訪れます。

                    おもちゃのようなケーキもランプの灯りに照らされます。
                    06122504

                    さて、食べ始めよう!・・・何か近づいてきました。
                    06122505
                    「3段目がいい。」
                    ・・・即却下。

                    いざ!
                    06122508 06122509
                    市販のスポンジケーキを買うのは初めてだといいましたが、食べるのもずいぶん久しぶりの事。おいしい!砂糖控えめの生クリームと、手作りしたという思い込みがさらにおいしさをアップさせているようです。
                    ラップをかけて保存できるように1段目と2段目は食べてしまおうと思ったのですが、おいしかったので、なんと全部たいらげました・・・。
                    く・クリスマスだし・・・。


                    残ったのは無残にクリームが顔についたサンタさんだけ。
                    06122510

                    市販のスポンジで簡単ケーキ作り

                    0
                      リース スペアリブやパエリアの準備を一段落つけてから、クリスマスケーキを作り始めました。初めて使う市販のスポンジケーキ。すでにスポンジができているなんてらくちん!でもデコレーションするだけじゃ物足りないので、ちょっと豪華なケーキにしてみることにしました。

                      まずは生クリームをホイップ。生クリームを冷やしながら、泡だて器で泡立てます。機械式のが欲しい・・・。序盤から若干くたばり気味。

                      さて、スポンジケーキは便利な2枚セット。普通なら、この2枚の間にクリームやフルーツを挟んで、デコレーションします。が、今日のテーマはちょっと豪華なケーキ。
                      まず2枚のうちの1枚を適当な大きさのものでくりぬきます(ここではコップを利用)。
                      06122410
                      コップの形に合わせて包丁でカットしようと思ったのですが、スポンジがとてもやわらかいので、「このままくりぬけるかも・・・」と大胆にコップをスポンジに沈めてみました。
                      06122411
                      「くりぬけた〜」と喜んだのも束の間。スポンジがコップから出てこない!

                      あらっ!?

                      ぽんぽんっぽんぽんっとコップの底をたたき続け、「すぽっ」
                      一時はどうなることかと思いました・・・。
                      あまり冒険しない方がよさそうです。

                      別のもう1枚のスポンジは、先程のコップより二周りほど大きいお椀を使ってカットしました。
                      06122412
                      上がコップでくりぬいたもの、下がお椀を使ってカットする前のもの。

                      コップでくりぬかれたスポンジの穴を、2枚めのお椀でカットしたスポンジの余りを使って埋めます。
                      06122413
                      きれいに埋まりました。

                      穴を埋めたスポンジにクリームを塗っていきます。緩めの生クリームの方が好きなので(労力的にも)、今回も緩めにホイップをした生クリームを使っています。
                      06122414
                      スライスしたいちごをのせて、またクリームをのせて・・・その上にお椀を使ってカットしたスポンジをのせて、クリームをぬって、いちごをのせて、またクリームをぬって・・・
                      06122415
                      その上に、コップでくりぬいたスポンジをのせて、クリームをぬって・・・
                      06122416
                      全体像が見えました。そう、ちょっと豪華なケーキとは段々のケーキでした。でもサイズは小さめ・・・。

                      ケーキにいちごとブルーベリーを飾ります。小さなケーキなので、ブルーベリーは半分、いちごは1/4にカットした物でなければのりません。つまみ食いをしながらどんどこのせていきます。
                      06122417
                      一番てっぺんにいちごとブルーベリーとサンタさんをのせて、ちょっと豪華なクリスマスケーキの完成です。
                      06122418
                      おもちゃのようなケーキになってしまいました・・・。

                      一人で食べるのは勿体無いので、ケーキを冷蔵庫に入れて、夫の帰りを待って一緒に食べることにしました。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      THOMAS

                      .

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                      recommend

                      手紙
                      手紙 (JUGEMレビュー »)
                      東野 圭吾
                      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                      recommend

                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                      recommend

                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM