ケータイストラップの修復

0
    携帯 夕方、バッグに入れておいたケータイからメールの着信音が鳴っていたので、ケータイを取り出して、メールチェックをしていました。
    「あはは〜・・・あれ?」
    ケータイに何か違和感を感じた私。
    よくよく見てみると、ストラップがちぎれていました!
    07030201

    「ああぁっ!パンダがどっかにいった!!」
    バッグを慌ててごそごそしてみると、よかった、バッグの中に落ちていました。どうやら、ケータイを引っ張り出した時に力尽きていたようです。
    07030202
    シルバーのチェーンの部分が切れていたので、修復することにしました。
    どうせ、修復するなら、ちょっとイメージを変えてみようと思い、手持ちのパーツを見てみると、ほとんど金色か金古色であることに気付きました。
    パンダは白黒だし、ケータイは水色だから、金色よりはシルバーの方がいいなぁ。リボンは汚れると嫌だし・・・
    そうしたら、パーツ箱の奥にかろうじてシルバーの9ピンを5個見つけました!
    これでなんとか、できないかなぁ・・・。

    スワロフスキーだったら、汚れてくるといけないので(どこまで扱いが荒いのか・・・?)、9ピンとパールでパンダをつなげてみました。
    07030203
    悪くないけど、地味かなぁ・・・

    最後の大きいパールの部分をバラのビーズに変えてみました。
    07030204
    シンプルだけど、なんかこのパンダに合ってる気がします。

    07030205
    オフホワイトとか水色のバラでもいいんですけど、手元にないので、このピンクで。
    なんとかシルバーの9ピン4本でできました。

    このパンダ、「作ったの?」って毎回言われますが、こんな細かいものは私に作れるはずがなく・・・100円で買ったものを、ストラップ部分とストラップの付け根だけ改造したものです。
    07030206
    ちゃんとしっぽの部分のビーズだけが大きい!
    ・・・でもパンダのしっぽって白いけどな・・・

    また、このパンダがバラを抱いたまま力尽きないように、丁寧にケータイを扱おうと思います。

    いきなりアクセサリー作り(4)ヘアピン

    0
      美容室 ずっとずっと作らないとなぁと思っていたヘアピン。
      ヘアピン、ヘアピン、、、ってつぶやいていたらなんかおかしくなってきました。
      「ヘアピンて・・・。」

      私はずっと、ヘアピンのことを「ヘヤピン」と言っていて、まるでそれはジャンパーを「ジャンバー」と言っていたように、全く疑問を持っていなかったけれど、やっぱりヘヤピンはヘアピンが、ジャンバーはジャンパーが一般的でしょうね・・・。
      ちなみにYahoo検索したら、ヘアピンは86万件、ヘヤピンは1.8万件、ジャンパーは242万件、ジャンバーは66万件でした。

      そうそう、ヘアピン。
      作る約束をしていたのに、イメージがわかなくてずっと保留になっていたのですが、ヘアピンにできそうなチャームを見つけたので、ようやく実践することにしました。
      ベースはチャームにあわせてちょっとアンティーク風な金色にしました。

      パーツ一式↓
      07020801
      丸カンがたくさん写っていますが、こんなには使っていません。1ピンに付き2〜3個というところです。まず最初に丸カンでちょうちょのチャームをヘアピンにくっつけます。

      ビーズにそれぞれTピンを通して、直角に倒してから、適当な長さでカットします。
      07020802

      カットしたTピンの先をくるくるっと全て丸めておきます。
      07020803

      奥の方に大きいものがくるようにそれぞれのパーツを丸カンにつないでいき、全部つないだら丸カンを閉じて完成です。とっても簡単。
      07020804
      ピンクのビーズはチェコガラスビーズです。

      これが完成したもの↓
      07020805

      チャーム違いで、こちらはイースターのたまごを抱いたうさぎ↓
      07020806

      せっかく作ったのだから、ラッピングしたいので、アクセサリーサイズの透明袋と、100円均一のクラフト紙と、同じくレースペーパーを用意します。
      レースペーパーはかわいい柄を切り取ります。
      07020807
      紋章みたいで素敵な模様。

      残ったレースペーパーをのりでクラフト紙にくっつけて、切込みをいれ、そこにヘアピンをさします。それを透明袋に入れて、袋の口をさきほど切り取ったレースペーパーで留めて、完成です。
      07020808
      うさぎと、ちょうちょが一匹ずつ。
      レースペーパーが大判だったので、レース、というよりアジアンな模様みたいになってしまいました・・・。
      じゃらじゃらしているので、ちょっと使いづらいけど、そこはご愛嬌ということで・・・。

      明日からは香川へ帰郷。久々にうどんとおでんをこころゆくまで堪能したいと思います。

      1m(+α)の布でできること

      0
        花 ぞうの布の続き・・・
        あれこれキッチングッズを作りましたが、ぞうの生地はまだまだ余っています。でも、あとは鍋つかみとか、ポットカバーとか、買い物袋とかしか思いつかないなぁ・・・ちょっと変わったものが作りたくなりました。

        たくさんの連なるぞうの列を見て、このぞうでベルトが作れたらきっとかわいいだろうなぁ・・・使いもしないのに、妄想が膨らみます。
        思い立ったらやってみないと気がすまないので、作ってみることにしました。
        ベルトって・・・ちょっと硬いよなぁ。
        穴が開いたためもうはけなくなったジーンズをばっさりと裁断します。
        07020401
        いつか役に立つと思って置いていたジーンズ、こんなところで役に立つとは・・・。作り方も適当に、勢いだけで作っていきます。
        そして、完成品がこちら↓
        07020402

        あれ、なんか、短くないかな・・・。

        出来あがりがなんと、65センチくらいになっていました。
        これじゃあ、ベルトとして締める部分を外したら55センチくらいだから、大人には無理だなぁ・・・と実家に電話。甥っこのゆうちゃんに使ってもらえないかなぁと思ったのですが、どうやら、ゆうちゃんにももう小さすぎるようで、その下のだいちゃんに使ってもらうことになりました。
        よかった・・・。犬の首輪になるところでした。

        友達へのプレゼントとして完成しなかったベルトのことは忘れて、今度こそちゃんと使ってもらえる物を考えます。
        そうだ、お菓子作りやパン作りは待ち時間が結構あるから、その時に読む本のカバーを作ろう!
        私も友達も本は大好きで、本をよく貸してもらったものでした(マンガ含む・・・)。
        読書というのは落ち着いた時間、というイメージがあるので、ぞうの相棒だったギンガムチェックとはお別れして、リネンを使います。
        ポイントにつけるレースも、今度は白のぼんぼんリボンを使うことにしました。リネンにぞうの生地を縫い付けて、リボンを縫い付けて、しわをとるためにアイロンをかけたら、なんと・・・!!
        07020403
        リボンがかぴかぴになってしまいました!!
        恐るべき化学反応・・・どうやら高熱のアイロンをあててはいけないリボンだったようです。仕方なく、リボン部分を外して、新しいリボンを縫い付けます。
        そして、裏地としおり用の布とカバーのバンドをつけて完成です。しおりの先には縫い合わせたぞうの生地を付けました。
        07020406
        のりを付けてほつれ防止。ほんとは薄めたボンドでするのですが、手抜きです。
        1つはプレゼント用、1つは自分用でこっそりお揃いにしました。
        07020404
        裏地がぞうの行列・・・ではなく、実はリバーシブルで使えるようにしたのです。
        07020405
        これで優雅な読書タイムを過ごしてほしいと思います。

        それでもまだまだ余っているぞうの生地。
        1mって結構あるんですね。
        07020407
        次、この生地を使って何か作りたくなったときに、また続きを書きたいと思います。

        1m(+α)の布でできること

        0
          花 先日、浅草橋に行った帰りに立ち寄った手芸店で、ぞうの布を1m買いました。というのも、友達の誕生日に何か作れたらなぁと思ったからです。
          最近、お菓子作りやパン作りに目覚めたらしい友達に、キッチンで使えるものを作ろう!そして、キッチンで使うなら、白地より色地の方がいいかなぁ・・・と思い、水色のぞうに。

          とはいえ、キッチンで使う、といってもあれこれ考えた結果、普通にエプロンに決定。イメージ貧困・・・。
          水色のぞうの生地はかわいいけれど、これだけでエプロンを作ってしまったら少しかわいすぎかなぁ・・・そこで、ぞうの生地をポイントに使うようなエプロンにしました。早速ぞうの生地以外を使います。
          07020401
          色合いの似た水色のギンガムチェックの生地を相棒に選びました。

          ボタンホールを作るのを避けるため、短いカフェエプロンにすることに。
          この方が1mの生地で他にもいろいろ作れるし!
          ギンガムチェック+ぞうだけじゃ味気ないのでレースを付けてみることにしました。どれがいいか、並べてみます。
          07020402
          私の好みだと、赤色のぼんぼんレースなんですけど、これはプレゼントだから、無難に生成りのレースにしておきましょう。。。

          選んだレースを一気に縫い付けます。
          07020403
          縫いつけ後↓
          07020404

          ぞうの生地を裁断して、エプロンのベルト部分を作ります。それをしっかりとエプロン本体に縫い付けて、完成。
          07020405

          エプロンを巻いてみるとこんな感じになります。
          上下にぞうがずらり・・・。
          07020406

          キッチンで使うもの、なので、ランチョンマットとコースターも作りました。こちらはぞうとギンガムチェックのリバーシブルです。
          07020407 07020408

          まだまだ・・・生地は余っています。
          そこでお菓子作りとパン作りにはあったら便利だろう、と思うヘアバンドと、アームバンド・・・なかなかヘアバンドはあっても、アームバンドはないだろう、ということで。
          07020409 07020410
          ポサクマがつけるとまだくしゃくしゃな感じですが、人が付けるとちゃんとぞうの絵が見えます。

          このエプロン、ヘアバンド、アームカバーのセットで気合を入れてパンをこねてほしいと思います。

          まだまだ余っているぞうの生地、まだまだ使っていきます。→つづく

          ウェディングマイスのこと

          0
            ハート 以前、「ウェディングマイスをつくる」でウェディングマイスについて書きました。
            その時の繰り返しになりますが、ウェディングマイスとは、イギリスに古くから伝わる幸せのねずみのことです。そして、なぜまたウェディングマイスなのかというと、実はこのブログで最も多い検索ワードが「ウェディングマイス」なのです。つまり、いろんな方が「ウェディングマイス」を調べようとして、このぽさぽさブログにやってきてくれました。

            そんなウェディングマイスの記事が、1つだけでは申し訳がないな、と思い今回とりあげることにしました。
            私のウェディングマイスは、同じ会社だった人に教えてもらいながら、自分で型紙をおこした、思い入れの深いマイスです。
            試行錯誤を繰り返し、花婿ねずみより花嫁ねずみが大きくなりすぎたり、鼻が尖りすぎたりを修正しながら型紙を作っていきました。

            型紙を使って最初に作ったマイスは、ウェルカムボード用で、自分たちと同じウェディングドレスを着せたものでした。
            07012201
            結婚パーティ後、花嫁ねずみの顔が汚れてしまったので、新しい顔を作って付け替えました。まるでアンパンマンのよう・・・。

            次に作ったマイスはウェディングピロー用で、こちらは前写し(アルバム)の際のドレスに合わせたものです。
            07012202
            こうやって改めて見ると、耳が広がりすぎでした・・・。最初の方のマイスなので、作り慣れていなかったためだと思われます。

            前写しの前日に急遽作ったのが和装マイス。これもマイスの衣装を自分の和装に合わせています。思い付いて作った割には一番気に入っているマイスですが、和装マイスを作ったのはこれが最初で最後です。
            07012203

            この写真は、お箸袋などでも使ったほど気にいっているものですが、実はプロが撮ってくれています。そりゃきれいなわけだ・・・。
            07012204

            そして、パーティの小道具用に作ったミニマイス。
            型紙を縮小コピーしただけですが、作りやすく、ケーキなどに乗せるのにもちょうどいい大きさです。
            07012205

            この他にもたくさんのマイスを作ってきましたが、もっともっとたくさんの方にマイスを届けることができたらなぁと思いつつ、作りづらさに型紙の変更を考えないとなぁ、とも思っています。もっともっと改良が必要かもしれませんね。

            絵手紙を描く〜ゆうちゃんへのはがき〜

            0
              鉛筆 お正月を少し過ぎてから、実家と姉さん家に手書きの年賀状を出しました。今年の年賀状はパソコンで絵を描いたものでしたが、それが足らなくなったため、手書きすることにしたのです。その年賀状を甥っ子のゆうちゃんが見て、電話してきました。
              ゆうちゃん「クイちゃん、あの絵かわいいなぁ」
              「ほんま?そしたらゆうちゃんにも描いてあげるな!ゆうちゃんには新幹線描いてあげるわ!」
              ゆうちゃん「でも新幹線難しいんで。」
              「大丈夫、新幹線描いてあげる!」

              そういうわけで、新幹線入りのはがきを描く約束をしました。
              とはいえ、年賀状で送った雰囲気の絵と、新幹線をどう合わせるか・・・
              駅にいるような絵か、新幹線に乗った絵か。
              どっちも年賀状で描いたような雰囲気は出せそうにありません。

              ・・・そうだ!ゆうちゃんが大好きなプラレールの絵にしよう!

              新幹線、描こうと思ってサッと描けるものではないので、まずプラレールのサイトを見て、簡単にスケッチをしました。
              07011701
              のぞみ700系と、500系と、ゆうちゃんの好きなドクターイエロー。
              それと、ずいぶん昔にあげた新幹線のお子様ランチプレートもスケッチしました。

              ここでいざはがきに・・・と行きたいところですが、描いたことがないプラレールの絵、まず構図を簡単に考えてみることに。
              07011702
              今ゆうちゃんが好きなおもちゃがわからないので、家にあるだろうぬいぐるみや、スペースを埋めるためのインテリアを配置していきます。

              ようやくはがきに、鉛筆で構図をもとにスケッチします。
              もちろん、この鉛筆は芯がやわらかい方がいいのですが、家にないので、HBの鉛筆で軽く軽〜くスケッチ。ここで細かくしても、私の場合、次のペン入れで変えてしまうので、とにかく構図を主にスケッチします。
              07011703

              ペン入れ完成。ペンはいつも愛用の無印良品の0.38ミリ・ゲルインキボールペン。するするっと滑るところが大好きなペン。
              07011704
              鉛筆のスケッチと、このペン入れ後の絵がいかに違うか・・・。
              元々下絵は描く習慣がないので、ペンで直接描いていく方が描きやすいのです。

              インクが乾いたら消しゴムをかけて、いよいよ彩色。
              彩色、といっても我が家には12色の色鉛筆しかないので、この12色だけで色を塗っていきます。
              しかも1つ1つ丁寧に塗って行くのではなく、肌色の色鉛筆を取ったら、肌色で塗るであろう箇所を全部、黄緑色の色鉛筆を取ったら、黄緑色で塗るであろう箇所を全部・・・というように一気に塗っていきます。
              こうすると、12色全部使った後には絵がだいたいは完成します。
              07011705
              肌色・黄緑・水色・赤色・茶色を使い終わったあと。

              12色を一通り使ったあと。
              07011706
              まだまだ物足りないので、再度、色を足していきます。

              色を足したあと。これ以上はごちゃごちゃしそうなので、ここで完成です。
              07011707

              テレビに何を描くか最後まで悩みましたが、やっぱり、私が大好きなこの二人を!
              07011709
              大好きな割にはへたくそなガチャピン&ムック・・・。

              ゆうちゃんのお子様ランチ
              07011708

              何を描こうか考えていた時は全く頭が真っ白の状態でしたが、無事はがきのスペースが埋められてよかったです。
              それにしても、せめて36色の色鉛筆を買おうかな・・・。

              いのししポチ袋作り

              0
                お年玉 珍しくこの時期に年賀状を投函できました。
                いつもクリスマス間際になりがちです。ひどい時は大晦日になることも・・・
                今年はなんだかいいペース!勢いに乗って、ポチ袋も作ることにしました。
                今年は夫の実家のある島根でお正月を過ごすので、ポチ袋を用意しないとなぁと、お年玉をあげたことのない私はわくわくしていたのです。

                まずデザインを決めます。
                来年はいのしし年だからやっぱりいのししかなぁ、といのししを描いてみましたが、なんかしっくりこない・・・。
                いのししってこんな感じだっけ?試行錯誤を繰り返し、なんとかいのししを形にしました。
                06122101
                パソコンなら後ろ向きも簡単に描けます。封筒の前後ろに前から見たいのししと、後ろから見たいのししを配置することにしました。
                お年玉をあげるのは女の子だけなので、女の子の好きそうなピンクの洋服を着せた女の子いのししにしました。

                できたイラストをまたもやエクセルで印刷用に配置します。
                最初はB5サイズで十分、と思いましたが、のりしろとかを考えるとA4サイズがちょうど良かったようです。
                06122102
                A4サイズだと1枚で2個ポチ袋が作れます。

                折角なので、和紙にプリントアウトして、のりしろ等を残してカットします。
                06122103
                カッターでカットしようと思ったのですが、この和紙ははさみを使った方がよさそうです。

                封筒状にして、完成です。
                06122104
                表面と裏面、いのししが前向きと後ろ向き。

                手持ち無沙汰だったいのししにポチ袋を持たせ、そのポチ袋にも同じいのししの絵を描きました。
                06122105

                かわいいシールとともに子供たちにあげられたらなぁと思います。
                でもいのししをかわいく描くのって難しいですね・・・。

                カレンダー作り

                0
                  PC 12月ももう半ばを過ぎ、年賀状や来年のカレンダー、手帳などで新しい年を感じつつある時候です。
                  先週末、ようやく新しい手帳も買ってきました。
                  今年は久しぶりに無印良品の手帳です。
                  マンスリーのカレンダーさえあればいい私には十分な手帳です。
                  06121905
                  まさにマンスリーカレンダーとメモだけのシンプル手帳。
                  そのうち、らくがきだらけになるとは思いますが・・・

                  昨日母親に頼まれていた絵をパソコンで描いていました。
                  明るいイラストを数点で、風太くんは外さないで欲しいとの事。
                  親子揃って風太くん好きのようです。
                  ですが残念ながら風太くん、WEBサイトの素材として作っているので解像度が元より低く、イラストには適していないので、ちょこちょこっと描き直しをしなければなりません。
                  イラストたちは靴箱の所に飾るというので、新しくパンダの靴も描いてみました。

                  こうして、絵を描いていたら、ここ半年で随分いろいろなイラストを描いたなぁと改めて感じました。描きかけのイラストもたくさんあるのですが、いろんなところで使ったものや、挑戦のために描いてみたもの。
                  せっかくこんなにあるんだから、何かにできないかなぁと思い、はがきサイズのカレンダーにしてみることにしました。
                  母親からの依頼は一旦置いておいて・・・

                  まず試しに一枚、パンダの靴のイラストを使ってみました。
                  私はプリントアウトしてみないと微妙な調整が出来ないので、プリントアウトしてみました。
                  06121901
                  カレンダーの字がちょっと大きいし、やっぱり土日は色を変えた方がよさそうです。うちのプリンターはカラー印刷にあまり適していないのですが、それがかえっていい味を出しているようです。

                  気になった微調整をしてから他の月も作ります。
                  イラストだけではちょっと面白みがなかったので、今年撮った写真も入れてみました。
                  06121902
                  私はこういう印刷前の作業はほぼエクセルを使います。
                  慣れているし、楽な点もたくさんあるのです。I LOVE エクセル!

                  印刷の状態をプレビュー画面で確認して、最終の微調整を行います。
                  06121903
                  いざプリントアウトスタート!

                  少し待って12枚全て印刷が終わりました。
                  06121904
                  休日が間違えていないか、さきほどの手帳で確認します(休日が最も気になるらしい)。
                  絵柄が合わなかった4月と12月だけやり直して、完成です。
                  小さいのでどこにでも飾ることができるし、はがきサイズなのでもちろん切手を貼って送る事も可能ですね。

                  さて、後回しにしていた頼まれていたイラスト、また始めないと・・・
                  でもパソコン周りが寒い・・・毛布に包まってがんばります。

                  いきなりかばん作り

                  0
                    きのこブルー ずっと部屋の片隅に置いてあって、気になっていたものがありました。
                    年末も近づいているというのに、このままじゃいけない・・・
                    気になっていたもの、それはボーダーの長そで。
                    去年あたりまで着ていたのですが、もうくたびれてきていたので今年は着なかったのです。
                    とはいえ、捨てるには忍びないし、雑巾にするのもなんだか・・・
                    何かに変えよう、そう思って一ヶ月程も部屋の見える場所に置いていました。

                    そして今日、とうとう行動に移すことにしたのです。
                    このボーダー、幅が好きだったので、できたらシンプルなものにしたい、というのが何かに変えたいなと思った時からの考えでした。
                    さあ何にしよう?候補は2つ。
                    .マの服
                    △ばん
                    そこでボーダーの横にクマを置いてみると、「・・・」。
                    なんか、囚人というか、昔の水着というか・・・
                    どちらにしてもこの季節には寒そうです。
                    そこで△里ばんを作ることにしました。
                    06121501
                    クマの足が長ければズボンを作れたんだけどね・・・

                    いつもおおざっぱな裁縫しかできない私。型紙があったり、作り方の決まっている裁縫ができないのです。
                    だから今日もおおざっぱ。
                    まず出来あがり予想寸法より一回り大きめのものを用意して、それに沿って印をつけ、マチ針をつけてから裁断します。
                    06121502
                    今回はシンプルに四角のかばんを作りたいので、四角い紙袋を使います。
                    マチ針をつけるときに2枚の生地のボーダーがずれないようにだけ注意します。

                    裁断後。ちょっとガタガタしている箇所もありますが、ミシン縫いした後に余分な生地は断つので大丈夫!
                    06121503
                    このあと、猛スピードで作業に入るので写真が例によってありません・・・

                    側面、底をミシンでまっすぐ縫ってから余分な生地を断ち、ロックミシンをかけます。ボーダーシャツの長そでの部分を取っ手に利用したいので、裁断して、取っ手を2本つくり、かばんにしっかりくっつけます。
                    06121504
                    もう少し取っ手の距離を短くした方がよかったな。

                    シンプルがいいとはいえ、ちょっと味気なかったので、せめてボタンをつけました。
                    06121505
                    クマのボタン

                    これで完成!生地がしっかりしているので、裏地もつけていません。
                    心残りなのは、ほとんど生地が余らなかったため、内側にポケットがつけられなかったこと。
                    06121506
                    図書館に行く時にちょうどいいサイズ

                    熱中しすぎたミシン縫いが終わり、ほっと一息。
                    マリービスケットのアイスサンドを食べました。いつもかわいいマリー。
                    アイスを挟むなんて、おいしすぎる・・・
                    06121507

                    さっき、図書館に行くのにちょうどいいサイズ、だと言いましたが、これを入れるのにもちょうどいいみたいです。





                    06121508

                    いきなりアクセサリー作り(3)小さなお茶会キーホルダー

                    0
                      ホットコーヒー しばらく雨だらけで気分まで滅入ってしまいそうな東京の空も、昨日から驚くほどの秋晴れとなりました。
                      06100801
                      水色の画用紙ではなく、雲ひとつない青空です

                      せっかくの天気のいい日曜日、どこかへでかけていきたいたいものですが、夫は仕事・・・仕方がないので、一人でずっと行ってみたかった浅草橋の問屋街へでかけました。馬喰横山〜浅草橋は問屋街が続きます。とりわけ浅草橋はビーズの問屋街という、大興奮まちがいなしのエリア!天気がいいので1駅前から歩いて行きました。

                      JR浅草橋駅を中心に大小様々なビーズショップが軒を連ねます。
                      女性が群がるショップ内の様子を写真に撮る勇気がなかったので、袋だけ・・・
                      06100802
                      貴和製作所の袋はトナカイが覗いていてかわいい・・・裏もぬかりなし!ラフォーレ原宿や表参道ヒルズにも出店しているということもあり、ツボを押さえた品揃え。

                      さて、今日の買出しは先日なくしたイヤリングの片方のパーツを買うこと、姉さんに頼まれているキーホルダーのパーツを買うこと、です。
                      姉さんが車のキーにつけるキーホルダーが欲しいとのこと。

                      テーマ:「小さなお茶会のぷりんがつけとるようなキーホルダー」
                      「小さなお茶会のぷりん」とは、姉さんの愛蔵のまんが『小さなお茶会』に出てくるぷりん(猫)のことです。
                      『小さなお茶会』についてはまた後日お話したいと思いますが、
                      「ぷりんのイメージで、素朴であったかくて、それでいて子供っぽくなくて、ゴージャスでなくて、かわいらしい感じ」(姉さん談)
                      のキーホルダーが欲しいと・・・私は久々にない頭をひねって考えました。いつもなら何かしらイメージが湧くのですが、う〜ん、う〜ん、、、出てこない。
                      どうしてもきらびやかなビーズと素朴なぷりんのイメージが合わない。
                      06100806
                      左が夫もっぷ、右が妻ぷりん
                      ※猫十字社/画 白泉社より引用

                      ぷりんはそんなにふわふわしてないので、ふんわりファーでもなく、でもつるんとしたパールでもない、きらきら派手ビーズでもないし。それに自動車のキーにつけるキーホルダーだから、あまり華奢なのでは非実用的だし・・・と浅草橋で苦悩するわたし。
                      苦悩の先に一つの考えが浮かびました。私はぷりんのイメージばかりで「ぷりんが持っているような」イメージを考えていなかった!

                      『小さなお茶会』のイメージなら、それは「お茶」だろうな。ティーポットか、カップ&ソーサー。
                      そしてぷりんならどんなキーホルダーを持つだろうか。昔ぷりんがおばあちゃん猫にもらったキーホルダーを大事に使うのではないかな。そしたら、新しくなくて、それでいてシンプルにかわいらしい、昔も今も変わらないデザイン・・・こうなると思考回路は止まりません。どんどんイメージがふくらむので、それに似合うパーツを買いにお店に駆け込みました。

                      私がイメージしたのはヨーロッパの看板のように、デザインに意味のあるキーホルダーです。それでぷりんを表現できたら、と思ったのです。
                      左:看板のようなものを表現するために、土台はブローチの土台を使うことにしました。それにお茶からイメージしたティーポット、それだけでは無機質で味気ないので、手紙をはこぶ鳥のパーツも用意しました。
                      右:ブローチ土台に接着剤でティーポットのパーツをくっつけます。
                      06100803
                      接着剤は指がくっつきそうで嫌いです・・・

                      その土台に鳥のパーツを丸カンでくっつけます。
                      06100804
                      これでブローチとしては完成。費用は360円くらいです。やっぱりパーツを使うとどうしても高くなりますね・・・。

                      姉さんご依頼のキーホルダーパーツを同じく丸カンでくっつけます。
                      06100805
                      これで完成です。この費用は420円くらいです。

                      イメージは看板だったのですが、この看板のお店があるとしたら、きっと紅茶屋さんか、喫茶店でしょうね。お茶好きのぷりん家に代々伝わる品物、みたいに見えるといいのですが・・・。
                      これでイメージ通りの、そして頑丈なキーホルダーができました。姉さんが気に入ってくれるといいなぁ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      THOMAS

                      .

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
                      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
                      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
                      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

                      recommend

                      手紙
                      手紙 (JUGEMレビュー »)
                      東野 圭吾
                      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

                      recommend

                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
                      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

                      recommend

                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
                      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

                      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM