手紙をかこう(1)

0
    花 郵便受けをのぞいたら、かわいい封筒を見つけた日。
    その瞬間、わくわくやら、ドキドキやら。
    うちは郵便受けが玄関にあるので、「コトリ」と玄関で音がすると郵便やさんの足音が立ち去るのを待ってから、そそくさと郵便受けまで急ぎます。
    おでかけ前にかわいい封筒が来ているのを見つけたときには、かばんの一等地にいれてでかけるのですが、かばんにドキドキの爆弾(?)が入っているような気持ちになって、ついにビリビリ・・・
    せっかくの封筒をこんな風に開けてしまってごめんと思いつつ、一人その手紙の主との世界に浸るのでした。もちろん顔はにやけながら。

    携帯電話やパソコンがこんなにも普及した今、逆に手紙はアナログに遊べて表現できる趣のあるツールです。そこで今日は手紙について・・・
    先日、幼馴染の友達からぎっしりと手紙をもらっていたので、お返事を書くことにしました。

    小学生の頃、砂糖をたっぷり入れた麦茶を飲みながら(うちのおじいちゃん直伝)、持ち合った絵本を読みふけりました。
    いつか友達が文を書いて、私が絵を書いて、絵本が作れたらいいなぁなんて、小学生ながらに語り合っていたこともありました。だから、この手紙のテーマはそんな思いをこめて、「絵本」。

    まず、お手製の便箋を用意します。
    便箋はエクセルに罫線を引いて、自分で書いた絵やらお気に入りの絵やらを乗せて印刷したもの。それじゃあ、そこにパソコンで書いちゃえば・・・となるけど、それでは手紙のよさが激減するので、思い留まりプリントアウト。さて、手紙を手になじんだペンでじっくりとつらつら書きます。
    私はいつも0.5ミリのボールペンを使いますが、プリント用紙は薄く硬いので、無印良品の0.38ミリ細字ペンを使っています。
    2006082201 便箋にはお気に入りの画像を乗せて

    手紙が書けたら、封筒を準備します。今回はテーマに沿って、昔読んだ絵本のカラーコピーを封筒に。のり付けして、裏はモグラの絵の形に切って、封筒を開けたときにモグラが飛び出すように・・・あ!はさみで切らないように注意書きを書いておかないと。 2006082202

    表からみるとこんな感じ。住所を書くのが惜しい・・・ 2006082206

    手紙の醍醐味と言えばこれも。次に切手を選びます。切手はなんでもいい、ではなくて、意図して貼っているとわかってもらえる切手を選びたいもの。2006082203
    お気に入りの切手達の中から選ぶのはこれまた楽しい時間。最も好きなのは5円切手。でも今回は似合わない。ふみの日切手も毎年デザインがハイセンスだし、地方の切手も情緒があって素敵。でも今回のテーマに沿って絵本らしいこれに決定!
    2006082205
    平和をテーマにした切手でタイトルは「うさちゃん」となっています。ネーミングにノックアウト。

    完成はこちら。
    2006082204
    住所でモグラが隠れないように、ちょっと住所シールをカットしています。

    ではでは早速これからポストに投函しに行ってきます。
    届ける郵便屋さん、届けられる友達、みんながちょっとにやっとしてくれたらいいなぁ。

    Posa Posa Life*Blogはじめました

    0
      ケーキ2 WEBサイト「Posa Posa Life*」「ポサポサブログ」はじめました。
      サイトとブログのプロフィールにも書いてあるように、日々何気なく過ぎ去りがちな出来事、思い、言葉、もの。誰かや社会の評価ではなく、自分だけの「何か」を思う気持ち。それぞれを大切にすべく、WEBサイト「Posa Posa Life*」を、書き留めるべく「ポサポサブログ」はじめました。
      言葉で書くとなんだか大袈裟な感じになってしまいましたが、とにかく何でもどんどん気付いてどんどん書いていこうと思っています。

      さて、今日8月21日は香川に住んでいる3歳上の姉さんの誕生日です。偶然、ではなくサイト開設日を今日にしようとずっともくろんできたわけです。そろそろ姉さんに送った誕生日プレゼントが「六甲のおいしい水」のダンボールに入って届くはず。色気は(かなり)ないけど、「ちょうどいい大きさのはず!」と思い立って、昨日お店にお水を買いに走ったのです。12kgのダンボールを抱え、自転車でヨロヨロと帰ってきました。
      そのプレゼントがもう間もなく姉さんに届こうとしているので、なんだかこっちまでわくわくしています。プレゼントはもらう事ももちろん嬉しいけど、あげる事も、選んだり作ったりラッピングしたり、楽しい。

      2児の母である姉さんは、姉であり、親友であり、よき相談者であり・・・ほんとうは一卵性双生児で、私が3年間冷凍されていたんではないかと勘繰るほど「仲良し姉妹」という言葉では表現しきれないような関係です。だからこんな素敵な姉さんがいて幸せだなぁと、事あるごとに思うのです。
      カフェごっこしたり、メニューを作ってレストランごっこしたり、古い建物を訪ねたり、お絵かきしりとりをしたり・・・そんな姉さんとのなんでもないことを強引に特別に変えるような遊び(?)をこの先機会を持って紹介していこうと思います。

      そしてそんな素敵な姉さんは香川にもう一人。それが兄(にぃ)のお嫁さんの同じく2児の母・モコリンです。1歳年下でがんばりやのモコは10日後の31日が誕生日。これからはモコの誕生日に向け、あれやこれやと楽しい悩みは尽きなそうです。また「六甲のおいしい水」を買いに走る日は近そう・・・

      ↓姉さんが上京時に持たせてくれたリサ&ガスパール弁当と
      同じく結婚して香川を離れるときに持たせてくれたクマ&クイ&姉さんむすび

      2006082102 2006082101


      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      THOMAS

      .

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
      春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉 (JUGEMレビュー »)
      ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
      小川にそってつづく、のばらの茂みの中にのばらの村はあります。自然と共に生きるねずみたちの四季折々のくらしが、あたたかい色彩と繊細な描写で描かれています。眺めるだけで癒される、幾世代も語り継ぎたい絵本。

      recommend

      手紙
      手紙 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      ただ一人の肉親の弟を安心して大学に行かせてやりたい、そんな思いで強盗に入ってしまった兄はそこで取り返しのつかない罪を犯してしまう。犯罪とは、償うとは、罪とは・・・真正面から次々と問いかけてくる作品です。

      recommend

      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]
      いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

      ワンコのお話がたくさん詰まったオムニバスDVDです。「ねえ、マリモ」はほのぼのと見ていたはずなのに、涙があふれてくる、そんなお話です。動物を飼った人、飼っている人、飼う人、すべてに。

      recommend

      ティム・バートンのコープスブライド 特別版
      ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (JUGEMレビュー »)

      ティムとジョニーデップの黄金コンビ!構想から10年の歳月を経て完成したストップモーションアニメは新鮮で、おもしろく、切なく、そしてあたたかい。メイキングも必見です。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM